目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

年末ですね。
ブログの整理をしていると、「後日に」というコメントがちらほら・・・整理します。
まずは映画です。

b0088089_14353085.jpg
TVシリーズから愛していた作品、
木更津キャッツアイの完結篇。

あいかわらずの独特なテンションとスピード感、
たたみかける笑いの渦、
そして最後には胸がぎゅっとなり、涙・涙。



かなりのネタばれになりますので、所感は以下に・・・。






映画の構成は、TVシリーズからおなじみの「表」と「裏」の野球試合形式です。

「表」
ぶっさんの死後から3年。バラバラに時を過ごす4人。
そんな時、空からぶっさんの声を聴いたバンビ。
親友ぶっさんに言えなかった“ばいばい”を言うために、キャッツたちは再び木更津へ帰る。

文章で書くととても真摯な流れですが、そこはキャッツ。
劇場内はそれぞれの「ツボ」で小さな笑いがそこいらじゅうで聞こえ、
もちろん場内大爆笑の場面もあり。(しかも老若男女!)
久々のキャッツテンションに、懐かしさと可笑しさで笑いすぎて泣きました、私。

「裏」
裏も笑かしてくれます。
裏では、キャッツたちの成り行きを幽霊のぶっさんが突っ込みまくってます!
シーンの終盤でのリアルなぶっさんの最期、
ぶっさんからの本当の“ばいばい”のメッセージ。泣けました。

「木更津キャッツチーム」曰く、今まで敢えてストレートに描いてこなかった
死、別れ、大人になることの痛みと素晴らしさ

TVシリーズでは、余命宣告された主人公が「普通」を生きるさまが「表」、
「裏」では普通に経過していた物語の巻き戻し的な構成で、謎解きかつ真相に
毎週TVの前で爆笑!
その中に潜む切なさに、じんわりもしました。

今回の完結篇は、まさに完結篇らしく「表」も「裏」もがっつり表現されています。

「日常」を普通に生きる素晴らしさ。
青春みたいにキラキラした素敵な時間。
青春から別れる痛み。それを振り返れる大人の素晴らしさ。
自分の生きてきた時間を糧として感じる、大人な自分。
試合にも、青春にも、命にも、必ず「最後」があること。

みんな「表」と「裏」はあります。「裏表」ではない、自分。
そんなことを感じさせられる映画でした。
私の中での青春映画傑作です。

*キャッツを見たことのない方は、是非TVシリーズからご覧下さい!
by black-dolphin | 2006-12-18 14:36 | 映画
<< 私のキャッツ的考察 BLOOKLYN HANDKNIT >>