目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


タグ:海 ( 72 ) タグの人気記事

八丈島日記~自然のアーチ~

太陽の光はあまり届かず海の中は暗い感じでした。
こんなアーチの下で、のんびり漂うのも悪くないなぁと思いました。
b0088089_9322749.jpg

一生懸命生き物を探してくれるガイドさんには、「どうしたの?」と
心配されるくらい中層で浮かんでおりました。
by black-dolphin | 2008-07-16 23:58 | 旅日記

八丈島2日目~ウミウシの宝庫~

 5月31日(土) 天気:雨
 気温:19℃ 水温:15~18℃(水底:14.6~17.8℃)
 平均深度:9.8/10.5/11.4m(最大深度:17.1/17.5/17.2m)
 透明度:15m

ナズマド
潮の流れがあったので、昨日とは逆周りで探索に出ました。

  [1本目]
キンチャクガニ
b0088089_2146461.jpg
海のチアリーダーです。
イソギンチャクを両足(手?)に持って、カニ歩きしてる姿がかわいらしい。

ゾウゲイロウミウシ
b0088089_22344794.jpg
絹のような肌質を持った絵になるウミウシです。

コンガスリウミウシ
b0088089_2156322.jpg
八丈ならではのウミウシです。
周縁は淡黄褐色、美しい青背面/濃青線が縦に走っています。

センテンイロウミウシ
b0088089_21594279.jpg
「千点」というだけあって、色彩豊かなウミウシです。
今回見た千点さんは、紫と白を基調とした方でした。

コンシボリガイ
b0088089_2251936.jpg
これは貝を持ったウミウシです。
エキジットした後に以前拾われたコンシボリガイの貝殻を見せていただいたのですが、
今にも壊れそうな薄い繊細な貝殻でした。
世の中には、本当に不思議な生物がいるもんです。

旧八重根港
ナズマドに北風が出てきて、いつもとは逆方向からのうねりが見え始めたため、
ポイント変更。
  [2本目]
ウミテング
b0088089_22132623.jpg
まさに「天狗」のようです。
白や黒のウミテングが多いそうですが、緑~黄色をしていて小鳥のように見えました。

ニシキツバメガイ
b0088089_22165989.jpg
黒と青の配色と美しいフォルムが眼を引きました。
カッコいい系のニシキガイもたくさん見てみたくなりました。

  [3本目]
イソギンチャクモエビ
b0088089_2220448.jpg
鯱(しゃちほこ)姿で、全身は水玉模様という何だか派手なエビですね。

サラサウミウシ
b0088089_22321523.jpg
赤くて細い網目がきれいなウミウシです。

  Log:
クセニアウミウシ属の一種、ホウセキキントキ、パイナップルウミウシ
ミカドウミウシの子ども(小判型)、ミスジアオイロウミウシ
アオウミガメ(上層を泳いでいた)、ムロアジ群(キラキラ光ってきれいだった)
フリソデエビのペア(人気者!)、産卵中のゾウゲイロウミウシ、
クマノミ畑(遠い道のり・・・)、カンパチ群(回遊)、イソギンチャクエビ
キイロウミコチョウ(6mmくらい)、タマミルウミウシ(1cmくらい)
シズミイソコケギンポ(黄色い口をパクパクと威嚇)
by black-dolphin | 2008-07-15 20:25 | 旅日記

八丈島日記1日目~雨女本領発揮~

勢い以外の何物でもない、今回の初・八丈島の旅。

認めるのは何だか悔しいですが、私は確実に「雨女(台風女?」のようです。
名前が “水”に関するし、生まれた日も雨の日だからでしょうか。
案の定 私の一人旅は、「雨・雨・雨」
私が乗ってきた飛行機と帰る飛行機以外は、全て欠航でした。
何とも恐ろしい強運と曇天のなか、到着早々潜らせていただきました。

※悪天候の上に未熟なカメラワークのため、御見苦しくてすみません。

ナズマド
 5月30日(金) 
 天気:曇りのち雨 気温:19℃ 水温:15~18℃(水底:14.6~16.5℃!)
 平均深度:10.9/13.7m(最大深度:20.4/26.2m) 透明度:10m

  [1本目]
ユウゼン玉
b0088089_20463679.jpg
産卵期に見られるユウゼンの群れです。
黒潮が離れていく時期のため水温がビックリするほど低いのですが、
何とか群れてくれていました。
小笠原でもみましたが、黒いウロコが美しい魚です。

ハナミノカサゴ
b0088089_2050168.jpg
よく見かけるのですが、優雅に泳いでくれるのでついついカメラ向けてしまいます。
彼からすると、かなり威嚇をしているようです。

ゾウリエビ
b0088089_2174072.jpg
なかなかのグロテスクなエビさんですが、食べると美味らしいです。
つぶらな瞳がかわいらしかったです。
  [2本目]
ナメモンガラ
b0088089_2111787.jpg
これもかなりの群れで泳いでいました。
オーナーさんは彼らの顔つきが気になるらしく、「俺らをバカにしてる奴等め~。」と
終始おっしゃっていました(笑)

  Log:
テングダイ、アオウミガメ、シロタエイロウミウシ(透明感のある白、背中にハートマーク)
コヤナギウミウシ(すご~く小さい、ミノがそよいできれいだった)
またまたアオウミガメ(今まで見た中で最大!)
モンガラカワハギYg(全身水玉、背の黄色が目立つ)、タテジマキンチャクダイYg
八丈ならではのトサヤッコ(オスの方が黄色い)、タテジマキンチャウダイ
ホウセキキントキ大群、ハナオコゼ(小さくって顔が丸い!)
by black-dolphin | 2008-07-14 20:36 | 旅日記

和歌山・田辺の一日 ~海は深い!~

桜舞うころ、友人に誘われて和歌山ダイビング第2弾を敢行しました。

4月4日(金) 天気:晴れ 気温:17~16℃ 水温:16℃(水底:15℃)

ショウガセ
 平均深度:18.5m(最大深度:37.4m) 透明度:2/8m

深度が増すと、光が届かない海中は印象を変えます。
目の前いっぱいに広がるのは、狭い海域でしか見つかっていないイソギンチャク。
b0088089_17291199.jpg


光を当てると、全身が鮮やかなレモンイエロー。
b0088089_17364622.jpg

オオカワリギンチャク
b0088089_17375439.jpg
深度が深いので、限られた時間で集中して撮影しました。

ミサチ
 平均深度:13.8m(最大深度:22.9m) 透明度:5m

ミアミラウミウシとミヤコウミウシ
b0088089_1841375.jpg
仲良く並列している所を撮影。

高島
 平均深度:12.1m(最大深度:17.8m) 透明度:10m

オルトマンワラエビ
b0088089_1862258.jpg
体長1cmくらいのエビです。実はヤドカリの仲間だそうです。

イソコンペイトウガニ
b0088089_18174215.jpg
トゲトサカ(ソフトコーラル)に擬態する生物がいます。
こちらも体長1cmくらいの小さなカニ。分かります?
by black-dolphin | 2008-05-22 23:50 | 旅日記

和歌山・串本の1日~漂いダイビング~

PCが故障する前の3月に、和歌山の最南端にある「串本」でダイビングしました。

和歌山で潜るのは、実は初めてのことでした。
海の雰囲気は少し違うけれど、とにかく海の中にいることがやはり好きだなぁと
感じました。

ダイビングパーク前ビーチ  
3月25日(火) 天気:晴れ 気温:20℃ 水温:19℃(水底:17℃)
 平均深度:4~5m(最大深度:8.9m) 透明度:10m

いつもは活動的な魚たちも、さすがに早朝は眠そうでした。
b0088089_2340399.jpg

b0088089_23425630.jpg


ケアリムシ
b0088089_23445641.jpg
潮に揺られて、白い花のようでした。
こういうまったりダイビングは、漂うものたちに癒されます。

b0088089_2347666.jpg
お昼真っ只中の太陽をパチリ。
この日は、早朝から夕暮れまで潜ることができました。

太陽の高さによって、同じ海の世界でも少しづつ違って見えて
これが自然のリズムなんだなぁと感じました。
by black-dolphin | 2008-05-18 23:13 | 旅日記

水鏡

海を見渡すと空の青さを感じて
空を見上げると海の青さを感じて

空と海の関係って不思議です。
b0088089_1223135.jpg

日本の冬をひしひし感じている中、こういう写真を眺めるのが楽しいです。
by black-dolphin | 2008-02-19 12:08 | 空跡

海を見てた

長い間撮り続けた写真。もう何年経つのだろう。
見ることのなかった積み重ねていただけの写真を、今少しずつ覗いています。
b0088089_22551873.jpg

これは17歳の時に撮った、北の海。
その頃はまだ水が怖かったはずなのに、波のうなりに私は引き込まれた。
そして、無意識にシャッターを押していたのだと思う。

海の底を泳ぐ今の私を見たら、きっと驚くだろうなぁ。
by black-dolphin | 2007-12-12 23:05 | 和の話

初!MIYAKO

残りの夏休3日と公休を使って、宮古島へ行ってきました。
ボスに、「ホントに遊び上手なんやからー...」と笑われてしまいました(・_・*)

b0088089_23413619.jpg

by black-dolphin | 2007-11-06 23:41 | 旅日記

柏島2日目~小雨ダイブ~

1日目の晩から、何やら雲行きが怪しくなってきていました。
旅に目覚ましが必要ない私。
柏島2日目の朝は、まだ薄暗い5時半に雨音で覚醒しました。
雨足は強弱を繰り返していましたが、DVは決行!

後浜1.5
 9月30日(日) 天気:小雨 気温:25℃ 水温:25℃(水底:25.5℃)
 平均深度:12.7m(最大深度:28.4m) 透明度:10m

海の中は思ったより明るく、澄んでいました。

タテジマキンチャクダイYg
b0088089_21575793.jpg
幼魚は、形や模様がとにかく可愛らしいのが多いのです。その中でも好きな幼魚です。
親指頭大しかないのですが、クルクルひるがえって泳ぐ姿が何とも愛らしい!

ヤシャハゼ
b0088089_22235216.jpg
背ビレに黒色班、頭に大きな柿色班が4つあるハゼで、漢字では「夜叉」と書くそうです。
言われてみれば、顔がそんな感じですね。もしかしたら、性格も勇猛なのかも。

アオスジテンジクダイ
b0088089_22301793.jpg
海に潜ってみて知ったことは、タイは美しい!ということです。
名の通り、きれいなブルーのラインが2本入った可愛い顔した魚です。
太くて黒い帯みたいな尾っぽの帯で、似ている魚と見分けます。

  Log :
 キツネメネジリンボウ、ミノカサゴ、タカノハダイ、
 アキアナゴ、クロユリハゼ

後浜3.5
 9月30日(日) 天気:曇り 気温:25℃ 水温:25℃(水底:26.2℃)
 平均深度:14.4m(最大深度:25.9m) 透明度:10~12m

ナンヨウハギ
b0088089_22443043.jpg
某アニメーションで出演していた「ドリー」さんだそうです。
室井滋さんが演じていたそうでして、何だか親近感が湧きました。

キビナゴの群れ
b0088089_232113.jpg
写真では伝わらないのが残念ですが、銀色にキラキラと光って美しい光景です。
柏島の海で何度もこの光景が見れました。

  Log :
ウミガメ(またもや仙人さまに会えました)、キリンミノ、タコのペア、ホタテツノハゼ、
ハナヒゲウツボ、ワカヨウジ、フタイロハナゴイ、ヤノダテハゼ(尾が黄色い)、
ヒレナガネジリンボウ、ゼブラガニ、オトヒメエビ、ハナミノカサゴ
マダラタルミの群れ、メジナの群れ

後浜2
 9月30日(日) 天気:曇りのち晴れ 気温:27℃ 
 水温:27℃(水底:26.8℃) 平均深度:11.4m(最大深度:23.5m) 透明度:15m

ラストダイブです。この瞬間って何とも言えない気持ちになります。
時間を大切にしないとなぁ、と思います。

クダゴンベ
b0088089_23244093.jpg
あまりリクエストはしないのですが、唯一見たいとお願いした魚です。
朱色の格子模様がイイです。あと、“ひょっとこ”みたいな口元も愛嬌あります。

ホタテツノハゼ
b0088089_23283258.jpg
ヒレを開いた姿でないと価値がない!と云われていた彼です・・・。
なので、ひたすらジュディー・オング状態になってくれるのを待ちました。

ミナミハコフグYg
b0088089_23321188.jpg
エキジット寸前に見つけました!何て可愛いんでしょうか~。
この子も親指頭大のミニサイズなんですよ。
私が感激しながらじっと見ていると・・・・
トテトテと一生懸命に泳ぎながら岩陰に隠れた後に、この覗き顔です。
可愛すぎました!

  Log :
スケロウウミタテハゼ、フトスジイレズミハゼ、ノコギリヨウジ、オジサン

魚たちって、とてもイイ表情をしているなぁぁ。というのが今回一番の感想です。
by black-dolphin | 2007-10-10 20:30 | 旅日記

柏島1日目~お魚パラダイス~

後浜No.3 
 9月29日(土) 天気:晴れ 気温:27℃ 
 水温:27℃(水底:24.5℃) 平均深度:15m (最大深度:27m) 透明度:10m

器材・ウェットスーツを新調して挑んだ1本目の試しダイビング。
新しい器材たちはいつもより浮力がつくだろうと考えて、ウェイト重めでDV。
始めから重くて、浮力コントロールに気持ちがいってしまう場面が多々ありました。

フタイロハナダイ
b0088089_1985387.jpg
今回は、水中の青バランスを抜いた撮影を何回かトライしました。
このフタイロもその賜物です!青が抜けて、生物たちの本来の色が残せました。

Log :
ハナヒゲウツボ(青:成魚)、ハタタテハゼ、カモハラギンポ、トラウツボ、
ヤノダテハゼ(尾が黄色い)、ヒレナガネジリンボウ、メジナの群れ(グレ)、
キンギョハナダイ(オレンジ)、マツカサウオ(岩の下にいた)

勤崎
 9月29日(土) 天気:晴れのち曇り 気温:27℃ 
 水温:27℃(水底:23.7度) 平均深度:14.1m (最大深度:35.8m) 透明度:10m

アケボノハゼ・・・
b0088089_19461310.jpg
見てください、この見事なまでに美しい後姿~!
ご機嫌ナナメなのか、常にそっぽを向かれてしまいました・・・。
横から見ると、そりゃあもう美しいフォルムと色合いなんですよ。
修行が足りんということで、次回まで保留!

  Log :
スジクロユリハゼYg、ハナヒゲウツボ(黒:Yg)、アジアコショウダイYg、オキゴンベ、
カシワハナダイ、ルリホシスズメダイYg、メガネスズメダイYg、
ニジハギ(スズメダイの近くにいた)、 ツユベラYg、
アオブダイ(2匹が追いかけっこしていて迫力があった!)

Yg:幼魚系は素早い動きのため、殆どカメラに収められず・・・。
フィルムや一眼ではない私のカメラでは、シャッター速度が追いつきません・・・。

後浜No.1
 9月29日(土) 天気:曇り 気温:27℃ 
 水温:27℃(水底:26.8度) 平均深度:12.4m (最大深度:18.6m) 透明度:7~8m

この3本中で、最も生物が多くいました。
常に浅くもなく深くもない深度、よりの~んびりDVできました。

ニシキフウライウオ
b0088089_193222.jpg

ゆらゆら漂うように、佇む彼ら。こう見えて、れっきとした魚です。
そして意外に写真を撮るのが難しいんですが、光が演出してくれました。

オオモンカエルアンコウ
b0088089_194857.jpg

最初、ガイドさんが教えてくれたのに、何処にいるのか判りませんでした。
見事な保護色、至近距離で見つめても一切動じない姿。そしてめちゃ大きい!

イソギンチャクエビ
b0088089_19393654.jpg
透明でとってもきれいなエビです。
エビ・カニ系にもたくさん会えました。彼らもYgと同じく、撮るのが難しい・・・。

キリンミノ
b0088089_1942827.jpg
比較的よく見かける魚なんですが、ヒレがきれいでついついカメラを向けてしまいます。

  Log :
ハタタテハゼ、アジアコショウダイYg、コロダイYg、コガラシエビ、
クモガニ、ガンガゼエビ、イソギンチャクモエビ(白・オレンジ)、コマチコシオリエビ(縦縞)
by black-dolphin | 2007-10-08 19:55 | 旅日記