目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


タグ:海 ( 72 ) タグの人気記事

PALAU 日記~凄そうな予感~

1月29日(金)
 天気:晴れ 気温:27℃ 水温:26.5℃ 
 平均深度:11.1/15.3/14.5m(最大深度:16.8/25.3/20.7m) 
 透明度:15~20/20~25m/15~20m

パラオ諸島と呼ばれるだけに、586島あるそうです。
私たちのホテルは、コロール島というパラオ唯一の繁華街がある場所にあります。
朝8時ロビーに集合して、車に乗ってとなりのマラカル島へ向かいます。

マラカル島の東側は大きな港があって、たくさんのショップや事務所があるようです。
現地のダイビングショップさんに、今回お世話になりました。
このショップは、マラカル島の西側にあって海辺のバーを改築したという場所。
沖縄本島ダイビングでお世話になってるMちゃんたちも、羨むほどのロケーションでした。

プライベートの桟橋といった形で、とても静かな場所でした。
出港前に、ボートに当たる海の音が心地よかったです。

いざ、PALAUの海へ!
すでに海が青いんですけどー。
b0088089_18571275.jpg


絶景かな 融合(とけあ)うように 地球(ほし)の青
一句も出ますよ、ホントに(笑)
ひとつに解け合ってゆくんじゃないかと、錯覚しそうでした。
素(もと)が一つだったような、さまざまな青色。
b0088089_18351266.jpg
溶け込むような空と海の色に会って、私は心底思いました。
海外に飛び出して、良かったなぁぁぁ。しみじみ感じました。


初日はどこでも、チェックダイブをします。
いつもスチールに入ったエアで潜ることに慣れている私は、アルミを見てまず緊張!

でも潜ってしまえば緊張はどこかへ消え、チェックダイブの存在は忘れてました(笑)

1本目

デクスターウォール

1本目はいつも、海の中にいることが幸せで楽しくってカメラ忘れるんだよなぁぁ。
PALAUの海は、そんな気持ちに拍車をかけてくれました。

いきなりカメ!
しかも、アオさん(アオウミガメ)だけでなく、タイマイさんまで!
絶滅危惧種なのに、あっさり見れてしまうパラオ恐るべし・・・。

心して潜らねば、びっくりして声が出ちゃってレギュレーター外してしまうかもなぁ。
そんなことを考えていました。

ナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)
日本にいれば、豆みたいに遠くにいても興奮する存在。
近くというか、横切るわ近寄ってくるわ~!
b0088089_18343766.jpg


ヤマブキスズメダイ
これまた日本には少ないスズメダイです。
少し大きめで、可愛らしいスズメダイでした。
b0088089_18421780.jpg


左に大きなウォールがあり、下は底知れぬドロップオフ。
右を見るとgrey reef shark (オグロメジロザメ)が泳いでいました。
チェックダイブで、居ますよ・・・。となりに鮫が。

テングカワハギ
日本にもいますが、私は初対面。
のほほんとした感じが、カワハギの可愛いトコです。

b0088089_193239.jpg

見上げると、魚が連なって泳ぎます。渋滞中。
b0088089_19527100.jpg


海の青も、いつもより青かった。

HATSU(初)Log:
オレンジフィンアネモネフィッシュ、ヤマブキスズメダイと卵、ホソフエダイ、
テングカワハギ、オグロメジロザメ
by black-dolphin | 2010-05-10 18:53 | 旅日記

融合

ひとつになってゆくような、空と海の青。
b0088089_19141160.jpg

by black-dolphin | 2010-05-09 23:12 | 空跡

あふれるほど、いっぱい いっぱい

2010年は、どうなるのだ。

120日経って、それが正直な気持ち。

どうなるの?

私は。
私を取り巻くものは。

人生というのは、自分の想うように、想わぬ方向へと進んでゆく。

行く。
往く。
逝く。

流れる時間に慌てることなく、流れるままに生きてきた私の人生。
ここに来て、考えた。
今までと違う側面で、初めて眺めてしまった。


年が明けた、まだ冬の一月。

想わず、日本へ飛び出すことになった。
そこで、地球の青をみた。
b0088089_22244945.jpg


夏に決めていた、二月の或る日。
想うように、地球の赤をみた。
b0088089_22315527.jpg


神さまが急ブレーキをかけた、三月。
自分の快楽ばかりを追ってしまっていた私に
神さまは、罰を与えたのかなぁ。
きっとそうだ。
そんな気持ちになった。

島から帰って再会したウイカは、衰弱していた。
知らない獣医さんに、聞きたくなかった宣告をされる。
b0088089_2304021.jpg

どうか、間違いであってほしい。

仕事で使う領域をめいっぱい働かせた。
私は可能性を信じてた。

知らない場所の帰り道。
よたよた歩きながら、朗らかな表情のウイカが傍らにいる。
生きている。

時々見上げるそんなウイカをみて、人目も気にせずわぁわぁ泣いた。

父が夜中に倒れた。
私は仕事でそれに気づかず、何もできなかった。

心配事が、しんしんと降り積もる。
自分以外の大切な存在が、傷ついている。

気づけば、今度は私が体調を崩していた。
最初はいつもの知恵熱かと思っていたら、ひどいことになった。
仕事に穴を空けるわけにはいかず、発熱しながら勤務した。

そうして1ヶ月。
ようやくマスクが外せるくらい回復した頃。
今度は、咳のしすぎで肋骨が疲労で折れた。

それでも、時は刻々と過ぎてゆく。

年度末の総括、新年度に向けての準備、研究などなど。
頭の使う仕事の山積みで、休みの日もお仕事状態。

私は、ストレスで眠くなることを発見した。
とにかく眠い日々。

要約すると、こんな濃い濃いの日々でした。

いっぱいいっぱい感動して、
いっぱいいっぱい考えて
いっぱいいっぱい泣いて、
いっぱいいっぱい愛を注いで、
いっぱいいっぱい祈った。祈り続けた。

へこたれずに、諦めずに。
生きていかなきゃならないのだ。

きっとこうやって、与えられた新しい試練なのだ。
そうやっと、思えました。

よりシンプルに、大切に、生きなくては。
そして、生かしたい。大切な存在を。
by black-dolphin | 2010-04-30 23:01 | 和の話

奄美大島日記~ぎゅうぎゅう奄美~

7月14日(火)
 天気:晴れ 気温:30℃ 水温:26℃ 
 平均深度:12.6/9.5/17m(最大深度:24.2/19.5/19.8m) 
 透明度:30/30/30m

奄美大島ラストダイブです。
あぁ幸せな日々です。一人で何度にやけたことか・・・。

奄美の海は、本当に魚が濃い!
生き生きとしていて、魚たちがサンゴに溢れているようでした。


アサヒガーデン
ハナゴイ群
ワイドは本当に難しいので、いつもUPできませんが・・・。
青い海の中なのに、青いハナゴイはとても美しいです。
b0088089_22142179.jpg



チンチンロック
ギチベラ
前から気になっていたのが、ベラさんです。
図鑑で調べて、ようやく判明しました!
フォルムが美しく、魚らしい顔つきでないトコが好きです。
タキシードの風貌で、海のマジシャンのようだ。。。といつも見ています。
b0088089_2228595.jpg


インオアシス
キンメモドキ群
眼の前いっぱいに広がった、魚たち。
こんな時、私の存在は何てちっぽけなんだろう!と感じます。
魚たちは、逞しい。
b0088089_22331160.jpg

ハダカハオコゼ
右ー左ーと、流れに揺られてました。
b0088089_2237979.jpg


アオチビキ
皆がマクロに寄っている時、ふと見上げました。
すると彼がグルグルとひたすら回っていました。
b0088089_22564277.jpg


明るい青もいいですが、こういう暗闇の中の青も美しいです。
b0088089_2311199.jpg

by black-dolphin | 2010-01-23 23:20 | 旅日記

奄美大島日記~継続は、力なり~

もう少しだけ、奄美大島日記にお付き合い下さいね・・・。

約5年前。
水恐怖症だった私が、強引にダイビングに連れて行かれました。
根拠があるのかないのか、「Zizi ちゃんに絶対に合うから」と何度も云われて。

始めは体験ダイビングで満足で、ずっとライセンスも取らずでした。
何を思ったのか、突然ライセンスを取得したのは今から4年前のことです。

年を追うごとに海へ行く頻度は高まり、今年30回目のダイブ。
それが私の、通算100本目のダイビングとなりました。
まだまだまだ、初心者クラスのZizi です・・・。
でもまさかまさか、自分が100本まで続くとは思いもしませんでした。


ダイビング本数は、ある程度のスキルや経験値の目安になります。
なので、本数を早く稼ぎたい人もいるようです。
私は不器用な上にマイペースな性格で、1本1本を大切にしないと
本数に自分が追いつかないので、ゆっくりゆっくり本数を重ねました。

目を閉じて、イメージトレーニングして、
1本潜るごとに、色々考えながら、
時には、師匠に教えを請いながら、
この一年で、随分上達できたように思います。

継続は、力なり。
まさにそんな実感です。

インオアシス

100本目リクエストは、「のんびりできれば、何処へでも」

メガネゴンベ
彼(?)は、本当にピントが非常に合わせやすいです。
写真の調子が何だかよくない時は、練習させてもらいます。
b0088089_22475331.jpg


ずっと泳いでゆくと、砂地の中にぽつんとある根に到着します。
この根は、2回目の訪問です。お魚パラダイスです。
私は、この根だけで1時間楽しめます。
b0088089_2248918.jpg


ミヤケテグリ
後姿がきれいだったので、1枚。鮮やかな赤ですね。
b0088089_22505883.jpg


バショウ


アデヤカミノウミウシ
少し影がかってしまいましたが、きれいな配色でした
b0088089_22525729.jpg


シンデレラウミウシ
大と小が居ました。存在感あるウミウシです。
b0088089_22544439.jpg

絵になるので、ワイドでも撮ってみました。
b0088089_2255595.jpg


コーラルガーデン


セジロクマノミ
クマノミの中でも私が好きな1種、セジロさんです。完璧に、目線頂きました。
b0088089_22591633.jpg


キイロイボウミウシ
大きなウミウシです。黄色は、海の中ですごく映えます。触角が、何とも可愛いです。
b0088089_2344857.jpg

by black-dolphin | 2010-01-20 00:00 | 旅日記

奄美大島日記~パンダとにらめっこ~

7月12日(日)
 天気:晴れ 気温:29℃ 水温:26℃ 
 平均深度:11.0/10.3/12.1m(最大深度:19.0/14.3/18.8m) 
 透明度:15~20/25/15m

北部の海は、とにかく幼魚がたくさん居ました。
初めて見る魚もいて、わくわくしました。

安木屋場ブリッジ


パンダダルマハゼ
ハナヤサイサンゴの枝間に隠れる、2センチくらいの小さなハゼです。
私は眼が悪いので、見つけるのにも必死でした。
ピンボケですが、パンダくんも私の方を見ていたようです。
b0088089_2252091.jpg


大仏サンゴ
by black-dolphin | 2009-12-21 22:52 | 旅日記

海辺を散歩

奄美南部の朝。
いつものように、波の音で目覚める。
しばらく眼を瞑ったまま、死人のポーズ(※ヨガ)でその音に傾聴。

呼吸が安定し、脳が覚めて波の音が明瞭になったところで起床。

音を立てないよう、「亜檀の間」を退室。

眼の前にある、海岸へ早朝散歩。
今眺めている景色を、出勤前の母へ送信。
b0088089_1240999.jpg


遅めの朝食をとり、バスに揺られ奄美中部の街へ―。
by black-dolphin | 2009-11-09 23:57 | 空跡

奄美大島日記~小魚観察~

3本目
コーラルガーデン

奄美南部ラストダイブは、浅場でのんびりまったりでした。
でも下には一面にサンゴが広がっているポイントなので、傷つけないように。。

浮力をコントロールしながら、魚も探す!
楽しい時間です^^

キイロサンゴハゼ
レモン色した小さなハゼです。丸い形がこれまた眼を惹きます。
b0088089_62824.jpg


ナガサキスズメダイ(Yg)
小さくってスキルの低い Zizi では、なかなかピントを合わせられないのですが
スズメダイが大好きです。
いつもカメラは早々に諦めて、じぃっと見ています。。
顔つきが小悪魔系で、とてもいい表情なんですよ~。
b0088089_6211084.jpg

by black-dolphin | 2009-11-05 05:21 | 旅日記

奄美大島日記~小さな庭~

2本目
リトルガーデン

イガグリウミウシ
初めて見たウミウシさんです!初対面のドキドキは、いつも嬉しいです。
黄色と薄桃色って、何て可愛らしい色味なんでしょう。。
b0088089_4573513.jpg


ミドリリュウグウウミウシ
ウミウシはすごく小さいのですが、このウミウシさんは大きかった!
人で云うならばメタボ気味?でも海の中ではご長寿なのかも知れませんね。
b0088089_562829.jpg

by black-dolphin | 2009-11-03 23:53 | 旅日記

奄美大島日記~光の射す方へ~

7月9日(木)
 天気:晴れ 気温:31℃ 水温:25℃ 
 平均深度:7.4→8.6/8.8/6.2m(最大深度:12.8→6.4/20.5/22.2m) 
 透明度:20/20/10m

奄美南部最終日のダイビングログです。
今日も快晴!
最終日に感じたのは、寂しいけれど、それに増しての満足感。
「ありがとう~!」と、全てに感謝したくなるような気持ちでした。

1本目
管鈍


潜降すると、いつにも増して暗い海底でした。
前往くダイバーがかすかに視認できるくらい、光が届かないルート。
洞窟へと入ります。
b0088089_15495089.jpg

遠くで、ぼんやりとブルーが見えてきます。
自分の呼吸音だけを静かに聴きつつ、ただただ進みます。
b0088089_15321441.jpg

目指す青が、光る青に変化してゆきます。
b0088089_15332225.jpg

ゆっくりと、透ける空を眺めながら浮上。
b0088089_15352410.jpg

(水滴が付着して、ぼやけています。。)
ほんのさっきまで海の中にいたのに、今は水面に浮かんで空を見上げている自分。
何だか不思議な感じでした。
b0088089_15481073.jpg


再び潜降開始。
遠く下にまた、目指すブルーの出口。
b0088089_15412626.jpg

同じ目線に立った青の出口。
海底へと帰って往くのに、何だかほっと安堵に似た感覚に包まれました。
b0088089_15434511.jpg


キカモヨウウミウシ
明るい海へ戻ってきたところに、ウミウシ発見。
おかえり。と云われたような気がしました。
b0088089_15445987.jpg

by black-dolphin | 2009-11-01 05:27 | 旅日記