目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


タグ:椎名林檎 ( 2 ) タグの人気記事

ありあまる富

b0088089_10465265.jpg

椎名林檎 / ありあまる富 | Excite エキサイトミュージック

椎名林檎さん5年半ぶりのシングルです。

色んな魅力をみせてくれる彼女ですが、
あの声が引き立つシンプルな曲が
やはり一番胸を打ちます。

叫ぶような 嘆くような 願うような
そんな声が好きです。まさに歌声という感じ。

私の言葉では到底表現できないことを、彼女はさらりと表現してくれます。
それが端的で、美しいです。
何故なら価値は 生命(いのち)に従ってついている

ここからは私の考えになるのですが・・・。

「富」は、本来は 経済的な価値がある財産のことです。
「生命」は、本来は 科学的だったり客観的だったり外側からみています。

つまりはどちらも、 数(値)やデータで表現することができる「三人称」です。

彼女は、「生命」を「せいめい」と呼ばず、「いのち」と歌っています。
私はそこに彼女の凄さを感じました。

私が思う「いのち」は、関係の中に生きる二人称の表現です。

「富」 という客観性のある表現と、「いのち」 を同じ価値観に並べてみつめる。
そう考えることで、私は最後のフレーズにつながっていきました。

ほらね 君には富が溢れている

私が色んな人々のやりとりを通して、ようやく3年ほど前に気づけたことを
彼女はさらりと歌にしてしまいました。
やはり真面目で、溢れる何かを持った凄い人だと思います。

いつか記事にします、と以前からお伝えしていた「生命といのち」について。
彼女の歌を何度も聴いていて、頭の中にある糸がほぐれてきました。
近日、記事にしてみます。
by black-dolphin | 2009-06-26 09:33 |

ギブス

b0088089_0364585.jpg

椎名林檎 / ギブス | Excite エキサイトミュージック

久々に聴いたのですが、やっぱり好きですこの曲。
学生時代、移動中によく聴いてたなー。

ちょうど哲学書を読むようになった頃
彼女の歌に出会い、一撃されました。

あなたはすぐに写真を撮りたがる
あたしは何時も其れを厭がるの
だって写真になっちゃえば あたしが古くなるじゃない

あなたはすぐに絶対などと云う
あたしは何時も其れを厭がるの
だって冷めてしまっちゃえば 其れすら嘘になるじゃない


このフレーズにやられました。まさに一撃です。
これが全てだと思います。

この時は止まらない、続かないということを知っている
―なのにこの歌の締めくくりは、
また四月が きたよ
同じ日のことを思い出して

実は幸せを得たいと願って求めているのが伝わってきませんか?
by black-dolphin | 2006-12-28 00:31 |