目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

疾走

看護学校3年、
看護師1年、
助産学校1年、
看護師助産師13年と半年間。

今日、初めて振り返った。

約19年。何かに捧げてきたんだ。

昨日、永年勤務した職場を退職した。
厳密に言えば、9月末で退職。
b0088089_16555595.jpg


退職はもうずいぶん前から決めていた。
だけど色んな理由で、この初秋となった。

でもそれはきっと、決まっていた。
そう思う。

退職するひと月前に、大好きな叔父が
この世を去った。

それは、あまりにも突然すぎた。

父の弟で、私が独立するまで一緒に共に暮らした家族だ。

看護助産を選ぶことを、初めから喜んでくれた貴重な人。
確実に、自信と勇気をくれた人。

お爺ちゃんになったら、必ず面倒みるからね。と約束した人。

旅立った後に、みんなから教えられた。
酔っぱらった時に、いつも嬉しそうに云ってたよ、と。

もう一度話したい人が、また一人。
このやりきれなさは、慣れないなぁ。

Zizi頑張ったね。
彼が生きていたのなら、そう云って笑ってくれただろうか。
by black-dolphin | 2012-09-19 15:52 | 和の話