目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

愛する存在

辛すぎて、誰にも言えず、言葉にならなかった。
昨年大好きだった一匹のワンコさんが、突然逝ってしまった。

そのパートナーさんの心の風景が、私には痛いほどに感じた。
胸をぎゅうっと絞られるような、どうしようもない哀しみ。

私は、彼らからこんなにも楽しくて幸せな生活ってあるんだと、教えてもらった。
本当に色んなことを共感し、人とは違う存在の大切さや尊さに頷いた。

大好きなことや大切な人は、たくさん存在する。
でも心の底から愛し、愛おしいと思える存在って、残念ながら私には数少ない。

初花は、私にとってそのひとり(一匹)だ。

いつも私をみつめ、ただそばに居る。
どんな私を見たって、いつも変わらずそこに居てくれる。

人間だったら、きっとそうはいかない。
感じられない、この感情。

私が感じる、その存在感。

偶然な巡りで我が家にやって来てくれた。
お互いに、生涯初めて二人きり生活を共にした関係。

少しづつ時間を共にして、積み重ねて、こつこつと深めた関係。

「毛布」という言葉を認識できるくらい、それをこよなく愛する初花。
なのに、寒いからといくら毛布に包んでも、絶対に私のそばにやって来る。
ふかふか毛布に包まる方が心地いいだろうに、今も膝の上で寝そべっている。
何も云わなくても、ずっと隣に居てくれる。

初花は私に、絶え間なく惜しみなく愛情をくれる。
私の内(ナカ)にある感情は、彼女に育ててもらった。

腹が立ったり、哀しくなったりすることも、正直ある。
でも絶対に還ってくる場所は、同じトコロ。
かわいくて仕方がなくって、かけがえの無い存在。
無条件に、大切な命。

いつか、お別れをしなきゃいけない時。
そんな寂しい日を予期してしまい、予期涙を流してしまうほど。

用がなくても、名前を呼びたいほど。
言葉が通じ合った気がするほど。
毎日ぎゅうっと抱きしめたくなるほど。

そんな存在。
b0088089_0531967.jpg

初花がおばあちゃんになるまで一緒に居て、大往生させてあげたい。
そう願うけれど、別れは突然かも知れない。

私は、その可能性も気づいてしまいました。
だからこそ、悔いなく一緒に。

初花の散歩する足は、少しずつ弱くなっています。
初花の表情は、どんどん深く優しくなってゆきます。

初花が空へ還った日に、「幸せだったな~ぁ。」としみじみ感じてもらえるように。
私は、大切に愛し続けたいと思います。

初花共々、本年も宜しくお願い致します。
by black-dolphin | 2010-01-26 05:21 | ウイカ帳

遠い記憶

一瞬にしてセピア色の空に染まって、あの頃に還る景色。
b0088089_0272377.jpg
太陽が沈む時間。
もうそろそろ家に帰らなきゃ。

大きな岩の上に立って、みんなで見たあの景色。

遠くに見える彼らは、大きなキリンに見えた。
仲良しのあの子は、恐竜だって言い張った。

すごい発見をして楽しくて、みんなで笑った。

布団の中で、ふと思い出す。
夜になったら、もしかしたら少しずつ動いてるんじゃないかって。

彼らを見つけると、今でもあの時を思い出す。
by black-dolphin | 2010-01-24 00:27 | 和の話

奄美大島日記~ぎゅうぎゅう奄美~

7月14日(火)
 天気:晴れ 気温:30℃ 水温:26℃ 
 平均深度:12.6/9.5/17m(最大深度:24.2/19.5/19.8m) 
 透明度:30/30/30m

奄美大島ラストダイブです。
あぁ幸せな日々です。一人で何度にやけたことか・・・。

奄美の海は、本当に魚が濃い!
生き生きとしていて、魚たちがサンゴに溢れているようでした。


アサヒガーデン
ハナゴイ群
ワイドは本当に難しいので、いつもUPできませんが・・・。
青い海の中なのに、青いハナゴイはとても美しいです。
b0088089_22142179.jpg



チンチンロック
ギチベラ
前から気になっていたのが、ベラさんです。
図鑑で調べて、ようやく判明しました!
フォルムが美しく、魚らしい顔つきでないトコが好きです。
タキシードの風貌で、海のマジシャンのようだ。。。といつも見ています。
b0088089_2228595.jpg


インオアシス
キンメモドキ群
眼の前いっぱいに広がった、魚たち。
こんな時、私の存在は何てちっぽけなんだろう!と感じます。
魚たちは、逞しい。
b0088089_22331160.jpg

ハダカハオコゼ
右ー左ーと、流れに揺られてました。
b0088089_2237979.jpg


アオチビキ
皆がマクロに寄っている時、ふと見上げました。
すると彼がグルグルとひたすら回っていました。
b0088089_22564277.jpg


明るい青もいいですが、こういう暗闇の中の青も美しいです。
b0088089_2311199.jpg

by black-dolphin | 2010-01-23 23:20 | 旅日記

奄美大島日記~継続は、力なり~

もう少しだけ、奄美大島日記にお付き合い下さいね・・・。

約5年前。
水恐怖症だった私が、強引にダイビングに連れて行かれました。
根拠があるのかないのか、「Zizi ちゃんに絶対に合うから」と何度も云われて。

始めは体験ダイビングで満足で、ずっとライセンスも取らずでした。
何を思ったのか、突然ライセンスを取得したのは今から4年前のことです。

年を追うごとに海へ行く頻度は高まり、今年30回目のダイブ。
それが私の、通算100本目のダイビングとなりました。
まだまだまだ、初心者クラスのZizi です・・・。
でもまさかまさか、自分が100本まで続くとは思いもしませんでした。


ダイビング本数は、ある程度のスキルや経験値の目安になります。
なので、本数を早く稼ぎたい人もいるようです。
私は不器用な上にマイペースな性格で、1本1本を大切にしないと
本数に自分が追いつかないので、ゆっくりゆっくり本数を重ねました。

目を閉じて、イメージトレーニングして、
1本潜るごとに、色々考えながら、
時には、師匠に教えを請いながら、
この一年で、随分上達できたように思います。

継続は、力なり。
まさにそんな実感です。

インオアシス

100本目リクエストは、「のんびりできれば、何処へでも」

メガネゴンベ
彼(?)は、本当にピントが非常に合わせやすいです。
写真の調子が何だかよくない時は、練習させてもらいます。
b0088089_22475331.jpg


ずっと泳いでゆくと、砂地の中にぽつんとある根に到着します。
この根は、2回目の訪問です。お魚パラダイスです。
私は、この根だけで1時間楽しめます。
b0088089_2248918.jpg


ミヤケテグリ
後姿がきれいだったので、1枚。鮮やかな赤ですね。
b0088089_22505883.jpg


バショウ


アデヤカミノウミウシ
少し影がかってしまいましたが、きれいな配色でした
b0088089_22525729.jpg


シンデレラウミウシ
大と小が居ました。存在感あるウミウシです。
b0088089_22544439.jpg

絵になるので、ワイドでも撮ってみました。
b0088089_2255595.jpg


コーラルガーデン


セジロクマノミ
クマノミの中でも私が好きな1種、セジロさんです。完璧に、目線頂きました。
b0088089_22591633.jpg


キイロイボウミウシ
大きなウミウシです。黄色は、海の中ですごく映えます。触角が、何とも可愛いです。
b0088089_2344857.jpg

by black-dolphin | 2010-01-20 00:00 | 旅日記

雲が帰る

ダイビングの後に、少し遠回りして日没を追いかけました。
交通渋滞で少し遅かったか~!と云いつつ、車を降りてしばし眺めました。

橙から、紺の空に移り変わる静かな時間。
皆黙って、同じ空を眺めていました。
雲たちが、水平線の向こうへと帰ってゆくようでした。
b0088089_2203774.jpg

by black-dolphin | 2010-01-19 22:01 | 空跡

理由は、気分転換~御節~

仕事で残務があったので、今年はお節を作るのは辞めようかなぁ・・・。
そんなことを思っていました。

突発休を頂いたので、予定外で作りました。
それも大晦日の夕方からです・・・。

相変わらずレイアウトや彩りは、センスゼロですみません。
もっとバランスを考えて、作ってみたいものです。
b0088089_5493811.jpg


今年の目玉は・・・。
by black-dolphin | 2010-01-18 05:53 | ごはん

よりしなやかに、より柔らかく。

1月も半ば過ぎたところで、新年の初記事となりました。

昨年お越し下さった皆様、
コメントや鍵コメまで残していって下さった皆様、
思いを伝えて下さり、ありがとうございました。

更新が滞りつつある 「One Octave」ではありますが、
毎日どなたかが覗きにいらしていること、本当にありがたい気持ちでいます。

ここ最近の新年は、何故だかバイオリズム的に[Low]な状態です。
何処かで見ているであろう何かに、まるでそのようにさせられているかのようです。
b0088089_23241213.jpg

365日を、ただ大切に生きること。
忘れそうな根本を、思い起こされる点なのだと感じます。

授かった生命を大切に。
身体と、心と、魂と。
今年も自分の器を大切にしていきたいと思います。

自分で始まって、自分で終わるしかないこの人生。
その尊さを、最近とても感じます。

b0088089_23245057.jpg

昨年は私にとって、看護という職業をして10年目の年でした。
それは、出逢いと別れの年でもありました。
それも一生、忘れられないほどの。

大切な出逢いと別れは、同じ日に、同じ時間に、同じ場所で。
偶然って、こんなに凄すぎるものなんだと思い知りました。

出産する母子のそばに、ただ私が在り続けること。
痛みや辛さや苦しみ、喜びや悲しみ、それさえも超越した感情。

大好きで、いっぱい私に与えてくれたあの人たちと、永遠のお別れをしました。
眼を閉じると見えてくる、あの生きる姿。
私に今でも降り注ぐ、あの言葉。

生きることの、幕開けと幕引き。
その時間に、ただ一緒に居ること。
私に使命があるのだとしたら、これしかないような気がします。


会った人に、関わってゆく。
大切な日常は、今もそこに在ります。

会いたかった人たちに、会えました。
言葉を紡ぎだす素晴らしさを、感じました。
言葉の重みを感じました。
大好きだったあの存在が、居なくなりました。
突然やってくる、その恐怖を感じました。
あまりにも尊い生命が宿り、育ちました。
声や感覚の大切さを、思い知りました。
痛みを実感できました。
思いやる心を持つ大切さを、痛いほどに知りました。

やっぱり、生きていることの凄さを感じました。

直近の幸せ、喜び、辛さや苦しみ、悲しみ、哀しみ。

一場面で泣き、流れる時間を含めて泣き、
とにかく今年はいっぱい泣いたなぁ、と振り返り思います。

私独りの存在では、見たり聞いたり行ったり感じたり、到底できない。
知らなかったことを深く感じ、学び、私の根っこになりました。

まだまだ自分のよくない所は、受容できない。
自分がバラバラになって、一致させられない。
そういうことも沢山あります。


元旦早々の[Low] な状態での朝。
「シン」

というイメージが浮かびました。
それは、初夢だったのかも知れません。
b0088089_2326579.jpg

ものの根本。心のはたらき。意識。
静か。おごそか。休息する。
あがる。のぼる。よくなる。
しみこむように。浅はかでない。おくふかい。
進み出る。次第にすすむ。
胎内に宿す。
引き伸ばす。のびる。
からだ。みごもる。
たより。手紙。
ほんとうのところ。生まれたまま。
不思議な力をもつもの。存在。
縁つづき。したしむ。
しらべる。みる。
心がいたみうずく。
とき。天体。
ゆれ動く。ふるえる。

浮かんだ「シン」 という言葉の意味。
ぐるぐると考えてみました、この16日間。
(決して暇だからでは、ないのですよ。)

私への、何らかのメッセージ。
2010年の、何かにヒントになりそうです。

全ては、自らの内なるところにある。
そう信じて、そう思って、今年も日々を過ごしていきたいです。

私は小さな頃から、強くてやさしい人になりたいと本気で願っていました。
でも今年からは、よりもう一歩先へ―。

よりしなやかに、より柔らかく。

私を取り巻く、さまざまな存在や物事。
沢山もらった何かを生かせるように、いつもunique(唯一)な存在で在りたいと願います。
by black-dolphin | 2010-01-16 23:30 | ご挨拶