目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

奈良WARP

奄美日記の途中ではありますが、季節のお便りを。
(春にも聞いたな、この台詞・・)

散歩や旅、続いてます。

今年の秋は、月イチで奈良に散歩しに行ってました。
京都とはまた違って、ゆるるーとした感じが心地いい場所。

電車にカタコト揺られながら、奈良駅までもうあと数分。
だだっ広い平城京跡を通り過ぎる瞬間が、とても好きです。

時が止まったような、何だか都が見えたような一瞬間。

空や風の匂いも変わったような感じがするのです。電車内だけども。

奈良の町は、銀杏が金色に染まってました。
同じ空なのに、それはもう高くって広くって、青いこと青いこと。
b0088089_0264731.jpg

大好きな仏さまたちに、会いに行きます。
時々、神さまのお使いさまもフレームインしてくれます。
b0088089_0401414.jpg
お使いさまは、前足をたたむようにして居ます。
この休息のポーズ、ウイカと同じなんですよねぇ。ますます愛着湧いちゃうなぁ。

奈良はいつも、全てがワープな気分をくれるのです。
by black-dolphin | 2009-11-23 23:36 | 花と樹

奄美のおもてなし

奄美を北上し、奄美の街に到着しました。

夏に旅すること。
そう云えば、経験値の少ないことに気づきました。

休肝日ならぬ、今日は休ダイビング日。
何かがどっと吐き出され、私も友人もお昼寝タイムに突入しました。

太陽の光が勢いを弱めた頃、私たちはムクリと起きだしました。
近所にある評判のお店へ―。

奄美の正月料理だそうです。
田芋がもっちりとしていて、味わい深かったです。
b0088089_1361329.jpg


完食ですよ。
by black-dolphin | 2009-11-10 13:11 | ごはん

海辺を散歩

奄美南部の朝。
いつものように、波の音で目覚める。
しばらく眼を瞑ったまま、死人のポーズ(※ヨガ)でその音に傾聴。

呼吸が安定し、脳が覚めて波の音が明瞭になったところで起床。

音を立てないよう、「亜檀の間」を退室。

眼の前にある、海岸へ早朝散歩。
今眺めている景色を、出勤前の母へ送信。
b0088089_1240999.jpg


遅めの朝食をとり、バスに揺られ奄美中部の街へ―。
by black-dolphin | 2009-11-09 23:57 | 空跡

すもものムース

みのりママ(・・・と云いましても少し年上です^^)は、本当にお料理上手です!
毎日とっても美味しいお昼御飯、ダイビング後のスイーツを作ってくれます。

レシピも色々聞きましたよ!
最後のスイーツは、すももムース(甘酸っぱいすももソースかけ)。
手作りの食べ物って、癒されますね。
b0088089_6324342.jpg

by black-dolphin | 2009-11-06 05:25 | ごはん

奄美大島日記~小魚観察~

3本目
コーラルガーデン

奄美南部ラストダイブは、浅場でのんびりまったりでした。
でも下には一面にサンゴが広がっているポイントなので、傷つけないように。。

浮力をコントロールしながら、魚も探す!
楽しい時間です^^

キイロサンゴハゼ
レモン色した小さなハゼです。丸い形がこれまた眼を惹きます。
b0088089_62824.jpg


ナガサキスズメダイ(Yg)
小さくってスキルの低い Zizi では、なかなかピントを合わせられないのですが
スズメダイが大好きです。
いつもカメラは早々に諦めて、じぃっと見ています。。
顔つきが小悪魔系で、とてもいい表情なんですよ~。
b0088089_6211084.jpg

by black-dolphin | 2009-11-05 05:21 | 旅日記

みのりママの特製の鶏飯

奄美南部最終日のお昼御飯は、ガイドさん特製の鶏飯です。
おばぁとはまた一味違って、でもこれまた美味しかったです。
おかわり!いただきました。
b0088089_60021.jpg

by black-dolphin | 2009-11-04 06:00 | ごはん

奄美大島日記~小さな庭~

2本目
リトルガーデン

イガグリウミウシ
初めて見たウミウシさんです!初対面のドキドキは、いつも嬉しいです。
黄色と薄桃色って、何て可愛らしい色味なんでしょう。。
b0088089_4573513.jpg


ミドリリュウグウウミウシ
ウミウシはすごく小さいのですが、このウミウシさんは大きかった!
人で云うならばメタボ気味?でも海の中ではご長寿なのかも知れませんね。
b0088089_562829.jpg

by black-dolphin | 2009-11-03 23:53 | 旅日記

魚影

ほの暗い洞窟で、ブルーを背景にして踊る魚たち。
その躍動感ある魚影は、リアルな影絵のようでした。
b0088089_15551151.jpg

by black-dolphin | 2009-11-01 05:40 | 光と影

奄美大島日記~光の射す方へ~

7月9日(木)
 天気:晴れ 気温:31℃ 水温:25℃ 
 平均深度:7.4→8.6/8.8/6.2m(最大深度:12.8→6.4/20.5/22.2m) 
 透明度:20/20/10m

奄美南部最終日のダイビングログです。
今日も快晴!
最終日に感じたのは、寂しいけれど、それに増しての満足感。
「ありがとう~!」と、全てに感謝したくなるような気持ちでした。

1本目
管鈍


潜降すると、いつにも増して暗い海底でした。
前往くダイバーがかすかに視認できるくらい、光が届かないルート。
洞窟へと入ります。
b0088089_15495089.jpg

遠くで、ぼんやりとブルーが見えてきます。
自分の呼吸音だけを静かに聴きつつ、ただただ進みます。
b0088089_15321441.jpg

目指す青が、光る青に変化してゆきます。
b0088089_15332225.jpg

ゆっくりと、透ける空を眺めながら浮上。
b0088089_15352410.jpg

(水滴が付着して、ぼやけています。。)
ほんのさっきまで海の中にいたのに、今は水面に浮かんで空を見上げている自分。
何だか不思議な感じでした。
b0088089_15481073.jpg


再び潜降開始。
遠く下にまた、目指すブルーの出口。
b0088089_15412626.jpg

同じ目線に立った青の出口。
海底へと帰って往くのに、何だかほっと安堵に似た感覚に包まれました。
b0088089_15434511.jpg


キカモヨウウミウシ
明るい海へ戻ってきたところに、ウミウシ発見。
おかえり。と云われたような気がしました。
b0088089_15445987.jpg

by black-dolphin | 2009-11-01 05:27 | 旅日記