目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

星になった二人

2009年、夏。
梅雨が長引いたのは、きっとお天道様が泣いていたせいだ。

私にとって、おそらく一生忘れられない季節になった。

患者さんに、個人的な思い入れは禁物ということは理解しているけれど、
彼女たちに情が生まれてしまうのは、仕方のないことだと思う。

だってあの二人は、私を変えてしまったんだ。
私の人生観も、私の看護/助産観も、私の死生観も。

カルテに記録はできなかったけれど、約3年間色んな会話があった。

患者と看護師というのは、とても特別な関係だと思う。
患者も看護師も、人と人の間に在る存在で、
そこに波長が合う人は絶対に存在して、
家族でもない、友だちでもない、でも大切な存在になりうる。

私の中でBさんとCさんは、そんな存在だった。

旅の途中~帰った直後、私は生命(いのち)を感じざるを得ない数日があった。
旅の途中で、彼女たちの容態がメールで伝わる。
旅から帰った直後、一晩で何件もの出産に立会い、生命(いのち)の息吹を感じた。
ほっと一息ついた後、分娩室。
彼女が空へと旅立ってしまったことを知った。
そのしばらく後、今度は彼女までも空へ旅立ったことを知った。

これを偶然というならば、偶然って凄すぎる。
私の中で、いのちは確実に紡がれていく。
b0088089_15244672.jpg

Bさん、ありがとう。
いつも心からの笑顔をした、本当に可愛らしいおばあちゃんだった。
私が今まで出逢った中で、一番と言っていいほど愛溢れる人だった。

そして自分の死をごく自然に受け止めていらして、毎日を明るく過ごしていた。
「お父さんといつも話してるねん。最期まで笑って楽しく過ごそうって。」
ただ傍に居て話に耳を傾けただけなのに、彼女はいつもいつも手を合わせる。
「さすってくれて楽になったよ、ありがとう。」と、手を握ってくれた。
Bさんの沈黙と笑顔が、胸にせまった。
素敵な旦那さんと二人で、「子どもが居ないから孫のようだ」と云ってくれた。
庭で育てたゴーヤを、こっそり持ってきてくれた。
私の手を本当に愛おしそうにさすって、ほっぺに両手を当ててぎゅっとされた。

最期はお家で逝きたいと、彼女は笑顔で退院した。
お父さんが席を外した少しの合間、彼女は眠るように旅立った。

Cさん、ありがとう。
私とたった3つしか違わない、とても可愛らしく美しい女性だった。
発病したのが、奇しくも私の現在の年齢。

私の仕事用の日記には、彼女の様子や対話に溢れていた。
きっと忘れたくなくて、記したのだ。

毎日、彼女の体調はどうだろうと気になった。
Cさんの大切な日の一日の、ほんの数分だけでも一緒に居たかった。

旦那さんの希望ともちろんCさんの願いでもあり、彼女は退院していった。
ろうそくの灯があと少しで消えてしまうことを、十分理解した上で。

旦那さんと二人でお昼寝をしていた。
旦那さんがふと目覚めたときに、彼女はもう旅立ってしまっていた。

最期の旅立つ時まで、彼女たちは素敵だった。
一番大切な人を想う心が、優しさが、強さが、そういう形となった。
私は、そう思う。

患者さんと看護師の関係は、本当に不思議。
ありがたくって、かけがえの無い関係。

生まれること、亡くなること
生きること、死ぬこと
生きているということ、生き抜くこと
誰かのそれらを見届けるということ
自分のそれらを感じ、考えること

自分次第で、周りの人次第で、私の世界はどんどん変わっていく。
私の人生は、どれだけ濃くなって、混ざり合っていくんだろう。

空を仰ぐ時間が、また多くなりそうです。

朝も昼も夜も
見えなくたって
瞬いていたって
手が届かなくても、そこに居てくれる。
そんな気がしています。


Ziziの実日記です。
  ↓  ↓  ↓

日記、一部抜粋
by black-dolphin | 2009-08-14 15:05 | 和の話

慶良間諸島、粟国島日記~沖縄満喫!定食~

某お店のB定食です。
携帯しか持たなかったので、画像が悪くてすみません。
大食いの私も満足できるボリュームでした!

何故かお会計のとき、「隣の子?」と云われました。
年々、しまんちゅに間違われる頻度が高くなってる気がします・・。
(道も大体教えられますしね・・。)
b0088089_22303323.jpg

そういえば、今ふと思い出しました。

私が沖縄を身近に感じたのは、小学生の頃です。
爺ちゃんが沖縄へ旅して、大阪にはないお土産を持って帰ってきました。
蛇味線と、蛇味線の置物(笑)と、派手な色した布きれを。
日本にそんな場所があるんだと、認識した瞬間でした。

それから月日は流れ、私は自然な流れで沖縄の地に立ちました。
助産師学校の同志5人で、沖縄デビューです。

その時に、このお店の琉球料理に感動しました。

海の碧さと琉球の味に、沖縄の存在がぐっと大きくなったのを憶えています。

その時は、水彩のような碧い海にただただ感動しました。
時間が許すかぎり、波の音を聴きに海へと足を運びました。

水恐怖症だった自分が今じゃあ海の中に潜ってる方が心地いいなんて、
人生って本当にわからないものですね。

それは思い起こせば、最愛の爺ちゃんが亡くなった翌年のことでした。
by black-dolphin | 2009-08-10 20:16 | ごはん

粟国島日記~船上のタコライス~

ダイビングは、想像以上に体力を消耗します。
私のダイビング楽しみの一つに、お昼ごはんがあります。

ショップによって個性が光るんですよね~。
大好きなタコライスとあったかいスープ。碧い海を眺めながら、頂きます!
b0088089_2255799.jpg

by black-dolphin | 2009-08-08 07:21 | ごはん

粟国島日記~GT 狙い!!~

今回沖縄に旅立った理由は、粟国島で潜りたかったからです。
毎日は出ない粟国便ダイビングを狙いました。

粟国島は本島から60㌔離れているので、行き帰りは音楽を聴きながら寝転んで。
こういう何もしない時間も好きなんですよねぇ、実は。
(傍から見ると、日焼け対策完全防備の風変わり人だと思います。。)

この日は、与那国でご一緒したSさんも合流。
彼はかなりの強運者なので、何だか「GT」が見れそうな気がしました。

筆ん崎/2本
海の青さが濃い、粟国島。

1本目
1本目は、「GT」 に会えずでした。

ホソカマス群れ
魚の群れが青に融けてゆくような美しさでした。
b0088089_214487.jpg


2本目
船長さんが海面から見て、「水面があそこだけ黒くなってる。」と言って、
ガイドさんたちがまずチェックしにスキンダイビングへ。

しばらくして水面に上がってくると、皆OKや丸印のサインに笑顔!
「GT」とは、ギンガメアジのことです。
彼らのそのサインは、ギンガメアジの存在が確認されたということです。

みんな笑顔になりながら、足早にエントリー準備をします。
そして次々と海の中へ―。
何かに遭遇する直前に似合う、静かな海の中。

ギンガメアジ群
しばらく海の中層で漂っていると、背後から大きな黒い玉が見えてきました。
まるで、スローモーションのようにこちらへと近づいてきます。
b0088089_2127733.jpg

こちらが避けなければ、多分群れの中に入れそうな程です。
b0088089_2134426.jpg

目の前すぐそこを、悠然と過ぎてゆきます。
まるで銀河のようでした。
b0088089_21273446.jpg

しばらく一緒に横泳ぎしながら見届けました。
b0088089_21313124.jpg


3本目
SAKURA

あっという間の3日間のダイビングも、もう最後の1本です。
ご一緒したYさんは、「楽しい時間はどうしても早く流れてしまいますねぇ。。」と
嘆いていました。
最後の1本は、カメラもあまり構えず、真のまったりダイビングをしました。

クジラの骨
大きな岩場の隙間にある白いゴロタスペースに、ひっそりと佇んでいました。
b0088089_21487100.jpg


ウミウシの卵
光のよくあたる場所にいました。
太陽の恵みを受けて、すくすくと育ってほしいです。
b0088089_2153487.jpg

by black-dolphin | 2009-08-03 23:02 | 旅日記