目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

慶良間諸島日記~ゆったりペース~

このダイビングでご一緒した“はじめまして”なBさんという方がいました。
「ゆったりペース」なZiziさん、ダイビングも「非常にまったり」と云われました。
初めてお会いする方にまでそういう印象を与えるなんて・・。

でも二日目のダイビングは、まさにそんな感じでした。
まったり再開します。。

5月15日(金)
 天気:晴れ 気温:28℃ 水温:23℃ 
 平均深度:8.4/10.5/12.3m(最大深度:13.1/23.3/18.8m) 
 透明度:20m

1本目
アリガー南
珊瑚の根が美しい場所でした。
最近気づいたことなんですが、私、珊瑚が好きみたいです。
珊瑚の在る場所には、必ずたくさんの魚たちがいます。
小さな魚、大きな魚、ウミウシ、エビカニ・・・。
珊瑚は、やはり海の宝なんだなぁと改めて感じられて幸せな気持ちになります。

ヒレグロベラ
すれ違い様に撮ったこの1枚。いい顔してくれました。
b0088089_2495651.jpg

ミナミハコフグの幼魚
ちょっと大きくなったミナミハコフグYgさん。四角くて愛らしい泳ぎをします。
安全停止前の岩陰で発見!
b0088089_18255289.jpg


セジロクマノミ
大きくて立派なイソギンチャクのお家にいました。羨ましいですねぇ。
b0088089_18294573.jpg

私があんまりじっと見つめるもんですから、最後にはあちらも私を観察してました。
b0088089_18331576.jpg


カンモンハタ 
自然が作り出す色や模様。
彼の背中を見かけるたびに、その素晴らしさに感心してしまいます。
b0088089_18334427.jpg


ホシゴンベ
ゴンベさんはあまり警戒しないので、いつも私のモデルさんです。
今日は後ろから、こっそり失礼しました。
b0088089_18365714.jpg


2本目
ドラゴンレディ
ユカタハタ
結構どこにでもいる、いわゆる普通種の魚なんですが。大好きです。
顔つきといい、赤に青の水玉なんて陸上では真似できない模様といい・・・。
「ユカタハタについて語る女子って・・・。」といつも云われます。。
b0088089_18535565.jpg


ニシキフウライウオ
プカプカと浮かぶように泳いでいます。
b0088089_18401687.jpg

よ~く見ると、頭を下にして泳いでます。不思議。
b0088089_18403457.jpg


タテスジイボウミウシ
きれいな薄紫色のウミウシです。
触角が黒いと、アンナイボウミウシらしいです。(学習)
b0088089_18544575.jpg


3本目
自津留(JITSURU)
儀志布島の西側にある、小さな離れ岩ポイントでした。
潮の流れに乗りながらのダイビングでした。美しい群れが印象的なポイントです。

イソバナ
大きなイソバナの赤は眼を惹きます。
b0088089_19215194.jpg

海のブルーと対照的で、それは美しい光景です。
写真では十分伝わりませんね・・・。
b0088089_19221310.jpg

アオウミガメとコバンザメ
寝ぼけ眼なアオウミガメさんでした。
コバンザメを受け入れてる姿に和みました。のんびりした性格なのかな?
b0088089_19235486.jpg

by black-dolphin | 2009-07-31 23:57 | 旅日記

深くて濃い、7月

旅日記の途中なのに頓挫して、申し訳ありませんでした。

私にはめずらしく、この季節に夏休みを頂いてました。
もちろん、海と山のみえる島へ旅してきました。

なんと今回は、10日間!
公休と有休を駆使して、勇気も振り絞って頂きました。
b0088089_13462839.jpg

濃い旅をしてきたせいでしょうか。ここ最近濃い仕事だからでしょうか。

旅先でもなんとなく仕事のこと(患者さんのこと)は頭から離れず、
でも旅先で出逢う人や景色はとても印象的で、
帰ってからもしばらくは、「心ここに在らず」な感じがありつつ。

大事な出会いと別れがありました。
それもやっぱり、不思議な時系列で。
いのちは紡がれ、時間は流れて往くんだなぁと改めて感じました。

b0088089_146123.jpg

長く留守をした不孝者の私なのに、ウイカは帰ってすぐにハグしてくれました。
私のそばにずっと寄り添ってくれたおかげで、ようやく心もお家に戻ってきた感じです。

時間の流れを大切に、沖縄日記から再開したいと思います。
by black-dolphin | 2009-07-23 13:57 | 和の話

慶良間諸島日記~新種発見!?~

3本目
トウマNo.1
撮影の裏側ちらっとお見せします。
写真は、被写体をみつけるところから始まります。

遠くに何かがフワフワ居ます。皆さん解かります?
少~しずつ近寄っては止まり・・・下が砂地なので砂の巻上げにも要注意です!
私はズームがあまり好きではないので、できる限り近づきます。
b0088089_1530325.jpg

ヤシャハゼ
ハゼもすぐ穴へ引っ込んでしまう敏感なタイプです。
ここまで近づいて、ようやく自分のベストショットとなります。
b0088089_15304778.jpg
その粘りに、周りの皆さんにまた笑われました・・・。

新種?! ウミウシ
ガイドさんも見たことない知らない、ウミウシ発見しました!
帰ってみんなで図鑑を調べたりもしましたが、特徴が微妙に違いました。
b0088089_15362954.jpg
ご存知の方いらっしゃったら、教えて下さい!
by black-dolphin | 2009-07-01 15:36 | 旅日記

慶良間諸島日記~珊瑚の庭~

2本目
野崎
私は潜れればどこでもいいタイプなのですが、このポイントは好き!と思いました。
エントリーしてすぐ、もの凄~く大きな枝サンゴがありました。
珊瑚には魚が群れ、生命力あふれるポイントでした。

ケラマハナダイ
淡いピンク色をしていて、海の中でも眼を惹きます。
尾ビレの後縁が広く、背ビレ体側に1つの赤斑があるので、おそらく雄だと思います。
b0088089_14444748.jpg

ソフトコーラル
こういう生き物にも、心和まされます。ゆらゆら揺れてます。
b0088089_15174135.jpg

ムラサキウミコチョウ
これもとても小さなウミウシの仲間です。紫が本当に美しいです。
b0088089_14463311.jpg

ゾウゲイロウミウシの交接
なめらかな質感のウミウシです。
光もうまい具合に差し込み、いい写真が撮れました。
b0088089_14471793.jpg

ヘラヤガラとオヤビッチャ
何となく2ショット風で、微笑ましくなりました。
ヘラヤガラさん、目線頂きました~。
b0088089_14474764.jpg

ミナミハタタテダイ
このお魚さん、いつも眼に留まります。薄モスグリーン色。
誰も見向きもしなくて、名前もなかなか判明しなかったんです。
b0088089_14481016.jpg

コールマンウミウシ
ウミウシ祭りですね~。幸せでした~。
b0088089_14483141.jpg

イロブダイ(Yg)
ずっと会いたくて、ようやく発見しました!
エキジット直前で久々に一人興奮しました。
b0088089_14484829.jpg

あまりにべったりまったりしているので、一緒に潜った方々に笑われました。
by black-dolphin | 2009-07-01 15:21 | 旅日記

慶良間諸島日記~雨女返上?!~

突然ですが、私は何ダイバーでしょう?
ダイバーの会話で「何系ですか?」とよく聞かれます。

マクロが好き ワイドが好き
大物、エビカニ、ウミウシ・・・
フォト派 ダイブ派 スキル派

その度に私は、「まだ模索中です・・・。」と返答します。
でも唯一断言できるのは、「完全にまったり好きダイバー」です。
今回の旅で、それが自他共に認められるようになりました。
(大人なのに、協調性がないともいいますか・・・)

実は、5月の中旬に沖縄本島へ行ってきました。強行です。
与那国島のリベンジと銘打って、朝から晩まで水中の旅です。
さっそく報告しまーす。

5月14日(木)
 天気:曇りのち晴れ 気温:28℃ 水温:23℃ 
 平均深度:11.3/9.2/12.8m(最大深度:18.3/15.4/20m) 
 透明度:20m

出発の日の朝は雨が降った跡がコンクリートにあり、空も曇り空・・・。
船が進むうちに、空はどんどん晴れてきました。

那覇の西側にある慶良間諸島は、無人島も合わせて大小20余りの島々があります。
透明度とサンゴ礁に囲まれた世界でも有数の美しい海です。
到着し潜る前の船の上から、みんな必ず海を覗きます。
慶良間ブルーを眺めるだけで、静かでいい気持ちになれます。

1本目
トウマNo.2
今回も与那国で一緒した師匠(Mちゃん)と潜りました。
私がのんびりまったりマイナー好きだとよく知ってくれる筆頭者です(笑)

ミドリリュウグウウミウシ
第一生物は、嬉しいかなウミウシさんでした!幸先よし!
1本目は曇り空だったので、自然光があまり入らず少しブルーに写ります。
b0088089_1445528.jpg

キヌハダウミウシ
見逃してしまうような小さなウミウシ。6~7mmくらいだと思います。
青虫ならぬ、黄虫のイモムシみたいで可愛いです。
b0088089_1451741.jpg

ガーデンイール
砂地には、無数のガーデンイール(チンアナゴ)が顔を出しています。
臆病なので、近づくとすぐに引っ込んでしまいます。
b0088089_1453676.jpg

オビイシヨウジ
トゲウオ目ヨウジウオ科、15センチくらいの不思議なお魚さんです。
美しい赤みで、横帯が15本弱並んでいました。
b0088089_1455523.jpg

ハリセンボン
私の姿を発見して、急に逃げ出しかくれんぼしてました。可愛いなぁ。
b0088089_1463349.jpg

by black-dolphin | 2009-07-01 14:35 | 旅日記