目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

最西の夕陽を見届ける

一人カメラを首にかけて歩いていると、おじさんが声を掛けてくれました。
「夕陽なら、あっちがきれいだよー。」
b0088089_1514532.jpg


船着場に辿りつく頃には、光は強く眩しく変化していました。
b0088089_15182423.jpg


どんどん群青に空が光って、太陽はぐんぐん沈んでゆきます。
b0088089_15193810.jpg


膝を伸ばして、ついには寝転び状態の私。
b0088089_1522236.jpg
毎日繰り返される日没。
ほんの数分間の、でもたった一回の出来事。

私はこの瞬間を、あとどれだけ見届けられるのだろう。
いつも、そう思います。
by black-dolphin | 2009-05-31 22:05 | 空跡

ただ歩くのだ。

振り向くと、私はいつの間にか足長さんになっていた。
b0088089_14555124.jpg


穏やかな波の音が流れる静かな時間。
b0088089_14564818.jpg


海の色に、ついついしゃがみ込んでしまう。
光と水が織り成す、天然のカラー。
b0088089_14573334.jpg


のんびりしていたら、目の前まっすぐに太陽が見えた。
b0088089_1522530.jpg

by black-dolphin | 2009-05-29 23:05 | 旅日記

沖縄の家

島は、歩くだけで楽しめます。
手造りの石垣を、じぃっと眺めている私は変でしょうか?
b0088089_20264021.jpg


お家によって違う、守り神の顔を探索したり・・・。
b0088089_2028201.jpg


こんな縁側で涼みながら、のんびりと読書したいものです。
b0088089_2030216.jpg

by black-dolphin | 2009-05-23 20:31 | 旅日記

水たまりの空

猫さんは、それからも迷うことなく歩いてゆきました。
目の前に現れた、大きな水たまり。
b0088089_182391.jpg

空を映す水鏡。都会にはない大きな鏡。
水たまりを通して、流れる雲を眺めたり。
b0088089_1841493.jpg




私は歩を緩めつつ、猫さんの足跡に沿って海の音が聴こえる方向へと進みました。
by black-dolphin | 2009-05-19 11:28 | 旅日記

与那国ごはん

恒例の島御飯です。
随分経ちますので、メニュー内容の記憶は定かではないかも知れません・・・。

b0088089_12383243.jpg
朝ごはんなので、本島と変わりないメニューでした。
でもバイキングよりも何だか好きです。ダイビング前なので、量もちょうど良かったです。

昼間ダイビングの休憩で宿に帰って来た時、宿前でトンカチで何やら作業していました。
b0088089_1255405.jpg
その賜物が、この晩御飯です。カジキ定食です。
刺身は全くクセのないお味でした。お頭のマース煮、美味しかったです。

b0088089_1242135.jpg
お味噌汁には、長命草らしきものが入っていました。
ゴーヤのおひたしは、何となく与那国らしい味だなぁと思いました。

薄味で香草をふんだんに使っていて、日本のようで異国のような味でした。
by black-dolphin | 2009-05-18 12:54 | ごはん

与那国タイム 「猫」

また違う日の散歩では、愉快な仲間がもう一方。
b0088089_13132977.jpg

海へと出る道で、今度は私をちら見して通り過ぎようとする猫さん。
b0088089_13135136.jpg

このつれない感じがツボです。

引き寄せられるように、私はてくてくと後をついて行きました。
猫さんは目的地があるかのようにくるっと左へ曲がり、まっすぐと歩いてゆきます。
b0088089_13204271.jpg

音もなく、ただただ光が射す景色。
この景色を独り占めできるなんて、何て贅沢なんだろうと感じました。

b0088089_132172.jpg
        猫さんに感謝。
by black-dolphin | 2009-05-11 13:16 | 旅日記

与那国タイム 「馬」

与那国島日記に戻ります。

ダイビングはやや厳しい印象でしたが・・・。
旅先で恒例の散歩(探検ともいう)は、色んないい出会いがありました。

何気ない風景も、本当に素敵な絵になります。
b0088089_12565589.jpg


海まで歩いていく道に、遠くで動く物体発見。
b0088089_1304194.jpg

近づくと、飼い犬さん並みに向こうも近づいてきます。何だか奇妙な時間。
b0088089_1311100.jpg

撮るなら撮れば?てな感じでいい顔してくれました。
b0088089_1312281.jpg

柔らかい鬣(たてがみ)が温かい風に揺れて、私をみつめる優しい瞳。
ダイビングでクタクタになった体も吹っ飛びました。
by black-dolphin | 2009-05-10 23:58 | 旅日記