目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

よいお年を。

年末年始は例年通り、毎日仕事です。

忙しければ忙しいほど、美味しい御飯が食べたい。
忙しければ忙しいほど、御飯をつくるあの無心な時間が欲しい。

元旦には間に合わないけれど、御節をちょっとずつ準備しています。
まずは一昨日から仕込んでいる黒豆の仕上げ。
あとは奮発した活け海老を生姜煮、ラフテーの仕込みくらいまで頑張ります。
b0088089_22462429.jpg

黒犬さんと、今から甘く炊かれる黒豆さんで今年は締めたいと思います。
(また撮影の邪魔されたので、コレ載せました・・・。)

ブログを覗きに来て下さった皆さん、今年もありがとうございました。
来年早々には、新しいカメラでの撮影も始めたいと思います。
by black-dolphin | 2007-12-31 22:42 | 和の話

バランス

一見整然と並べられた、ジュースの瓶たち。
ぱっと見では気付かない、でも絶妙なバランス。
b0088089_12344080.jpg

by black-dolphin | 2007-12-29 12:37 | 和の話

太陽の花

いつも私を温かく見守ってくれる彼女がウェディングドレスを纏ったあの日。
手には彼女らしい、太陽みたいな花束が笑っていた。
b0088089_21537100.jpg

彼女には、どうか幸せになってほしい。
by black-dolphin | 2007-12-28 02:19 | 花と樹

段々と、恋しい。

そろそろ北海道は、粉雪が降り積もる頃。
仲間が続々と雪の世界へ出発する季節がやってきた。

もうこの歳だし、冬も山ではなくて海へ変更しようかなぁと思いながらも
ニセコの空気に包まれたい!と、部屋の隅に立掛けたボードやグローブから
何だかアピールされているような気持ちになってきます。
b0088089_21261386.jpg

最後のボードは高熱で殆ど滑れなかったので、リベンジが必要なのかも??
by black-dolphin | 2007-12-26 21:33 | 和の話

逆さまの世界

逆さまになって風景を撮ったり、影を撮ったりするのが好きでした。

この日は、透き通る水のような空。
その透明さをどうにかして撮りたくて、逆さまになってみたのがきっかけです。
b0088089_18313082.jpg

by black-dolphin | 2007-12-25 18:35 | 空跡

冬の実り

毎朝の散歩にも、日常が戻りました。
道がわからずウロウロしながらも、とりあえずウイカの行きたい方へ。
彼女が森の茂みで見つけたモノは、木々からの可愛らしい落しモノでした。
b0088089_23416.jpg

by black-dolphin | 2007-12-23 02:38 | 花と樹

深空

“みそら” という言葉は存在するのでしょうか?
こんな深い青空には、名前をつけてあげたいなぁ。
b0088089_15592219.jpg

by black-dolphin | 2007-12-21 16:05 | 空跡

林檎の沐浴

私には、大切な同士がいます。
それは看護と助産を共に目指した、志しを同じくする者です。

その中でも助産師学校の1年は、これからもきっと更新することのない重要な1年だった。

伝統の重さに、
ノルマの大きさに、
助産の厳しさに、
―私の誕生日前日に逝ってしまった友人の死もあり、

いろいろな感情に押しつぶされそうな夏でした。
そんな時に一番気心の知れた同士に誘われた、たった1泊の旅。
b0088089_21585669.jpg

林檎が水にさらされる姿が沐浴されているように見え、自分も洗い清められた。
そんな事を、ふと思い出しました。
by black-dolphin | 2007-12-19 00:36 | 旅日記

気楽に写真を撮ろう

なぜあの時、私はたった一言だけでも伝えなかったのだろう。

私は今、とても悔いています。
ここ1週間、どんな時も「なぜ、なぜ、なぜ、」と自問しています。

私はいつも、あるブログをこっそり覗きに行っていました。
そのブログの主は、ある病に立ち向かい、時には闘い、そして共に生きていた。

いつも心和ませてくれ
いつも温かい気持ちにしてくれ
そしていつも、励まされた。

いつかコメントを残そう、そう思っていた。
その間も彼は必死に精一杯に生きて、そして逝ってしまった。

私は10月・11月と、引越しや仕事に追われていました。
彼のブログを訪問したのは、先週のことです。
そこで私は、彼が10月31日に天に召されたことを知りました。

理由なんてものは、今になって思えばツマラナイ私の言い訳でした。
いつでも「ありがとう。」と云えたのに。
その一言を伝えられないままに、彼はもう逝ってしまった。

独特なあの感情がやって来た。
哀しくて、切なくて、寂しくて、悔しくて、何とも云えない気持ち。

b0088089_22115596.jpg


私は小さな頃から、ある病が気になって仕方がなかった。
父がとても尊敬する人、そして私の名付け親である人がいた。

「肉腫(サルコーマ)」
彼は「骨肉腫」という病で逝ってしまった。
私の出生を見届けるように、彼は逝ってしまった。

小さな頃からその話を何度も耳にしていた。
物心つく頃には、「肉腫」という病気が気になって仕方がなかった。
そしていつしか、知りたくなった。

これまで私はアナログで、調べるとすれば書物のみ。
そして私は昨年ようやくネットをつなぎ、ブログを始めた。
「肉腫(サルコーマ)」を調べるうちに、彼のブログを見つけた。

そんな彼が紡ぐ言葉や写真はいつも温かくて、優しくて、強かった。

だから少しでも多くの人に知って欲しい。
キュアサルコーマのこと
そして、彼の生きた道を。

気楽に写真を撮ろう

More
by black-dolphin | 2007-12-17 22:39 | 和の話

長良川にて

助産師 0年生、ピカピカの気持ちで撮った夕焼け。
b0088089_21531141.jpg

by black-dolphin | 2007-12-16 21:53 | 空跡