目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

語らなくてはいけない学者

研究者から一転して教育に携わる学者、M教授がそう言いました。

教授の言葉はまるで降ってくるかのようで、私一人の力では到底得ることのできない
沢山のことを教えていただきました。
「私とは立場であるとか、考える根本からが違うんだろうなぁ・・、凄い人だ。」
彼が語る事柄は、まだ未熟者な私にとって圧倒されっぱなしでした。

私は講義とは少し脚色の違う、人間らしい彼の文章表現がとても好きでした。
その中でもこの1ページが今も忘れられません。

『100年後、みんなは何をやっているだろうか。たぶん、死んでる。もちろんぼくもだ。
この世とは完全無欠、永遠のおさらばだ。キミの【存在しない】世界だ。
~中略~
ということは、ぼくらの過ごす【今】は決して特別なものではなく、
流れる大河にポコっと浮かんだ【あぶく】みたいなもんだ。
あぶくには特別なんて無いんだよ。
唯一特別といっていいのは、奇跡的に滔滔と流れていく大河なんだよ。
~中略~
たぶん100年後には、人類は大きな決断に迫られる。
~中略~
つまり、ぼくたちはこのままいくと人間が住み得る環境を地球上に残せないかもしれないということ。地球は残るよ、びくともせずにね。
だけど、ぼくらのこの【流れ】が永久に【地球上】で途絶えるだろうということ。
数百年後には、この青い空、この碧い海をみる人間がいないということ。
このぼくには(たったひとつのあぶくだけど)耐えられない。
~中略~
いつしか川面に浮かび、いつしか消えゆく【あぶく】と永遠の大河の流れ。
ぼくたちは【流れ】のなかにいることをしっかりと認識すること、
そしてそれは【今】よりも価値があること。まずここから始めたらどうかと思うよ。だめ?』

『写真をとること』でも書きましたが、小さい頃から「時間はもちろん、自分が流れている」感覚がすごくありました。
笑われるかも知れませんが、木々や花、水にも命みたいな何かがあると
普通に思っていて、
毎日流れる雲や青空、大きな樹を見上げてはワクワクしているような子どもでした。
(そのように感じるきっかけはあるのですが。)
水恐怖症で水に浸かれなかった私がダイビングをはじめたのも、
「地球上の大半を占める碧い海の中を知らないまま死んでいくのはもったいない!」
という理由です。
地球上にある自然にいつも感動し、尊敬もしています。

過ぎ去ったことを語る「学者」教授が未来のことを語った 
『100年後くらいのぼくたちの生命』

尊敬していた教授から語られたあの1ページは、
私が今まで意識もせず自然に感じて思ってきたことや行ってきたことが、
「大切なこと」だったんだと思わせてくれた文章でした。

教授は教育者として、生命の【流れ】を尊び、そして言葉を次世代に伝えられています。
私は教育者ではないのでそんな立派なことはできませんが、
この小さなブログにきていただいた人々にほんのちょっとだけでも伝えていけたらな、と
思っています。

面と向かっては決して言えませんが、
「教授に出会えて嬉しく思います。ありがとうございます。」
教授に出会って、様々なことを感じ、吸収し、自分自身でも考える力が強くなりました。

・・・久しぶりにメールでもしてみましょうか。
by black-dolphin | 2006-05-28 00:57 | 和の話

大切な通過点

2005年まだ少し肌寒い3月某日、
とても光が柔らかい日で、ウイカを膝に乗せながら日向ぼっこをしていました。

「そういえばウイカは今、人間でいうと何歳くらいなんだろう?」とふと過ぎりました。
育犬書を片手に、さっそく算出。
せっかくなんだから、ウイカが生まれてからその時(今現在)までの歳を詳しく算出。
(ホント暇人!)

指折り数えると、「今日が、ウイカと私の同い年の日だ・・。」

昨日でも明日でもない、今日が同じ歳。
何だか胸がキュ~っと締め付けられました。涙もポロポロ溢れました。

しばらくウイカの横顔をじっとみつめて、今日だけは記念写真を撮りました。

b0088089_22365733.jpg
by black-dolphin | 2006-05-27 22:39 | ウイカ帳

空の足跡

私の被写体は、圧倒的に「空」が多いことを再確認しました。
おそらくブログでも登場していただくことが多いかと思いまして、
カテゴリ「空跡」の追加をしました。
「空跡」という言葉は、いつもの思いつきでつけました・・。
b0088089_20113361.jpg
今日は、穏やかな夕晴れでした。
by black-dolphin | 2006-05-22 20:13 | 空跡

天晴

b0088089_2237382.jpg
見事な晴れっぷりでした。今日は仕事が休み、あ~よかったです(^-^)
ウイカと少し長めの散歩に行きました。
私は空ばっかり見上げてのんびり光合成。 (口も半分は開いてたのは確実やね・・)
一方のウイカさんは、畑のあぜ道にある草花に尻尾ブンブン興奮しっぱなし。 
静と動、空と地、逆の世界へのトリップだったけど、いい散歩できたよね。
by black-dolphin | 2006-05-21 22:44 | 空跡

ネームカード作成

仕事柄、名刺なるものを今まで一度も所持したことがありません。
暇ができたので、exciteのツールで発見→興味津々→作成に至りました。

キーワードをチェックしていただくと、私が垣間見えること間違いなし!
[Zizi] は、ネームカードのニックネームらしいです。
はじめ、このブログID[black-dolphin]にしようと作ってみたのですが、
レイアウトが何だかしっくりせずニックネームを新たにつけました。

b0088089_452538.jpg
アイコンは私本人が小さ~く写っています。
これは確か、数年前に沖縄の本部(本島北部)で撮った
ポラです。
こっちと迷ったのですが、
本人はあくまでも“オマケ”としたかったので、あちらを採用。
by black-dolphin | 2006-05-18 04:37 | ご挨拶

日々繰り返される闘い(特等席にて)

隙あらば、ひざ上を占拠されます。
b0088089_1194247.jpg
(私)「あの~お嬢様、ちょっといいかしら・・・。(動きたいんです、私。)」
b0088089_1254236.jpg
(ウ)「・・・・・・・・・・。
   (約10秒は軽く経過、犬ってこんなにも静止するのだろーかと思うほどの間)」
b0088089_1291376.jpg
えぇ~と・・伝わってますでしょうか、私のお願い( ̄- ̄)・・・・。
by black-dolphin | 2006-05-16 01:48 | ウイカ帳

写真をとること

初めて一眼レフのファインダーを覗いた時の感動が、今も鮮明にあります。
いつもなら気付かない(見えない)光がたくさん入り込んできて、すごく感動的でした。
(ちなみに現時点でのブログ写真は、すべて小さなデジカメ撮影のものなのですが・・。)

カメラが手元にあれば、上を見上げて撮影するのが私の日常です。
そこに在るのは、空か木がやはり多く、私の一番の被写体になります。

写真って[今] 瞬間を残します。それは思い出/記念であり、記録となります。

写真は、人が撮ったものを見るのが大好きです。
自分の写真は「作品」というにはあまりに拙い代物です。
私の目的は違うところにあって、レンズを覗いたりシャッターをきる時に
「あ~時間ってやっぱり流れてるな~」って感じる時が幸せというか、
好きなんですよねー。・・・・・変ですかね?
b0088089_2213057.jpg
いつも見上げてる空なのに、機内ではまさに「空中」!
周りの皆さまの視線にも負けず、ついついシャッターきっちゃいます・・。
by black-dolphin | 2006-05-10 22:49 | 和の話

手抜きパスタ!

だが、旨い!
時間がない時に是非作ってみてください。

ベーコンを少し色がつくくらいに炒め、そこにキノコを投入。
日本酒と醤油を入れ、アルコールを飛ばしてからパスタのゆで汁を多めに入れます。
次に鰹節を5gほど投入。
最後にガーリックパウダーを好きなだけ入れたらパスタと絡めます。
ネギがあれば最高です。

b0088089_19313487.jpg
毎日食べても
飽きませんな・・。
by black-dolphin | 2006-05-08 19:32 | ごはん

つつじ満開

我が家では普段通りの休日をのんびり過ごしました。
毎年、つつじと一緒に記念撮影してます。
桜が散って寂しくなる頃に、絶妙のタイミングで咲き出すナイスな木。

写真嫌いなウイカは、お高くシカト娘。お口に、枯れ葉ついてますけどね・・。
b0088089_2105912.jpg

by black-dolphin | 2006-05-05 21:01 | ウイカ帳

黒イルカ

今日はウイカの由来をお話しましょう。

初めて我が家に降り立った瞬間・・・彼女はただひたすらまっすぐに走り続けました。
その猪突猛進ぶりは、何ともへっぴり腰なウリボーみたい・・・。
爆笑する私を尻目に、Uターンしてはへっぴりダッシュを繰り返してました。

猛ダッシュが燃えつきた後、今度はイルカのような超音波声が延々と・・・。
興奮したり急に寂しげになったり、忙しそうなワンコさん・・・・。
まだ名無しなので、達観する私。

名無し生活をしばらく楽しんだ後、可愛い名前をいろいろ考えてみました。
しかしあの日に見せてくれた「猛進ぶりと超音波ボイス」が印象的で、
それにちなんだ名にしようかなぁと改めました。

「ウリボー」と「イルカ」・・で 『ウイカ』 (安易ですまん。)
「初めて私の元にやってきた相棒(女の子)」という意味合いで 『初花』と名づけました。

さっそく名無しさんに命名発表。
今までどんな呼びかけにもシカトし続けたワンコさん・・・。
「ウイカー。」の呼びかけに、偶然かはたまた運命か・・振り向いちゃったよ、キミ。
という経緯にて、決定。
b0088089_1631139.jpg

by black-dolphin | 2006-05-04 16:31 | ウイカ帳