目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


カテゴリ:ご挨拶( 12 )

導き

いつも不思議に思うけれど、転機は自分の力じゃどうにも抗えない。

自分でもよくみえない心象が何かとつながって、引力のように引っ張られる。
ほんの小さなきっかけで、自分の想像を遥かに飛び越えてゆく。
b0088089_21555361.jpg

ぐうたら人間な面の私は、あと1年くらいのんびりしたい気持ちです。
でももう一人の私が、新生児を受け止める「ご褒美」を求めだしました。

_ と云うわけで。
桜満開の頃に、私 助産師に戻ります。
by black-dolphin | 2013-03-28 23:30 | ご挨拶

Switch

随分とご無沙汰しておりました。

その間の私のことを、ずっと心に気を留めていてくれた方々。
本当にありがとうございます。
更新を。と日々考えてはいるものの、むむ・・・と自分でブレーキしていました。
b0088089_1955680.jpg

私はどうも、悩んだり苦しんだりしてる姿を人に見せられない気質で
かと云って、笑顔で自分をマスクも出来ない人間で。

たまに来る、悲しみの波が今日もやって来ました。
来るたびに思うんだけど、一体何なんだろうこの波は。

波にはきっと理由があって、私の理性では届かないスイッチを
何かが、はたまた私自身が押してるんだな、と思います。

心思うままにあれこれと綴ってゆきたい。
ようやく「One Octave 」の基本に戻れそうです。

その時の一文と、日記に綴ったあの状況。
少し整理して、近々記事にします。

―経緯
by black-dolphin | 2011-12-27 19:06 | ご挨拶

無言のまま祈りをささげる

現実は、辛く厳しい。
自分なんてちっぽけな存在だと実感する。

電波にのって、現場の惨状や声が届く。
私の琴線に、それらが触れる。
私が感じたあの空気や感情と重なってゆく。

そしてそれはあらゆる雫となって、内外へと落ちてゆく。
この8ヶ月どうしてもできなかった祈りの心が、私の中に再生した。

生まれるとき
生まれないとき
生きることを終えるとき
生きるとき

共通して、そこに言葉はないのだと思う。
b0088089_1826038.jpg
無言のまま私は祈りをささげる。
黙祷_。
by black-dolphin | 2011-04-03 18:55 | ご挨拶

ご報告

長らくブログをお休みして、申し訳ありません。

7日前の夕刻に、初花がお空へと還っていきました。

初めて会った時から、初花の生きる姿を見届けたいと覚悟はしていました。

でもいざ現実となると 私はそんなに強くはなく、
さよならの瞬間を想うと、「ごめんね、ありがとう。」でいっぱいになりました。

過去を振り返って悔いることは嫌いなのに
今はやりきれなくて、ただただ深い後悔と哀しみが降りつもります。

私のせいで、初花は寿命を縮めてしまったに違いない。
私は看護師失格だと、罪の意識でいっぱいになってしまいます。

でも初花は 最期まで生きて、生きる姿を見せて、「生」を全うしました。
そして 私が肯定できるように、すごくやさしいヒントを残していきました。
自分の都合のいいように解釈するつもりはありませんが、そう感じます。

理由は、初花の言葉のない表情や行動です。
最期の二日間、あの子の精一杯の思いを 痛いくらい感じました。

早く浅い呼吸の中で、意識が遠のく中で、最期まで私を気遣ってくれました。
初花の もしかしたら私のそれよりも遥かに大きな、私への深い愛情を感じました。

初花は七色に光り輝いて、シャボン玉のように尊く弾けてゆきました。

今まで見てきた誰よりも、強くてやさしい生きる様をみせてくれました。
初花は、本当に凄いです。

朝起きて、ベッドにまでお迎えに来てくれないこと
ただいま。とハグできないこと
桜の丘を一緒に登れないこと
一緒に空を見上げられないこと
じっとみつめてもらえないこと
私の上でうたた寝してもらえないこと

この先私があと何年生きても
どんなに愛しても

もうそこに居ないこと
もう会えないこと

思い知って涙が粒のように落ちるけれど、
いつか初花との何もかもを心の内にしまって
ただ幸せだったと、なつかしむ日がきてくれますように。

 
初花の最期を知って下さい。
少しずつ、報告させて下さい。


※ 報告できずにいる方々、このブログを通してご報告させて頂きます。

私の愛する人たちへ
by black-dolphin | 2010-07-18 15:50 | ご挨拶

よりしなやかに、より柔らかく。

1月も半ば過ぎたところで、新年の初記事となりました。

昨年お越し下さった皆様、
コメントや鍵コメまで残していって下さった皆様、
思いを伝えて下さり、ありがとうございました。

更新が滞りつつある 「One Octave」ではありますが、
毎日どなたかが覗きにいらしていること、本当にありがたい気持ちでいます。

ここ最近の新年は、何故だかバイオリズム的に[Low]な状態です。
何処かで見ているであろう何かに、まるでそのようにさせられているかのようです。
b0088089_23241213.jpg

365日を、ただ大切に生きること。
忘れそうな根本を、思い起こされる点なのだと感じます。

授かった生命を大切に。
身体と、心と、魂と。
今年も自分の器を大切にしていきたいと思います。

自分で始まって、自分で終わるしかないこの人生。
その尊さを、最近とても感じます。

b0088089_23245057.jpg

昨年は私にとって、看護という職業をして10年目の年でした。
それは、出逢いと別れの年でもありました。
それも一生、忘れられないほどの。

大切な出逢いと別れは、同じ日に、同じ時間に、同じ場所で。
偶然って、こんなに凄すぎるものなんだと思い知りました。

出産する母子のそばに、ただ私が在り続けること。
痛みや辛さや苦しみ、喜びや悲しみ、それさえも超越した感情。

大好きで、いっぱい私に与えてくれたあの人たちと、永遠のお別れをしました。
眼を閉じると見えてくる、あの生きる姿。
私に今でも降り注ぐ、あの言葉。

生きることの、幕開けと幕引き。
その時間に、ただ一緒に居ること。
私に使命があるのだとしたら、これしかないような気がします。


会った人に、関わってゆく。
大切な日常は、今もそこに在ります。

会いたかった人たちに、会えました。
言葉を紡ぎだす素晴らしさを、感じました。
言葉の重みを感じました。
大好きだったあの存在が、居なくなりました。
突然やってくる、その恐怖を感じました。
あまりにも尊い生命が宿り、育ちました。
声や感覚の大切さを、思い知りました。
痛みを実感できました。
思いやる心を持つ大切さを、痛いほどに知りました。

やっぱり、生きていることの凄さを感じました。

直近の幸せ、喜び、辛さや苦しみ、悲しみ、哀しみ。

一場面で泣き、流れる時間を含めて泣き、
とにかく今年はいっぱい泣いたなぁ、と振り返り思います。

私独りの存在では、見たり聞いたり行ったり感じたり、到底できない。
知らなかったことを深く感じ、学び、私の根っこになりました。

まだまだ自分のよくない所は、受容できない。
自分がバラバラになって、一致させられない。
そういうことも沢山あります。


元旦早々の[Low] な状態での朝。
「シン」

というイメージが浮かびました。
それは、初夢だったのかも知れません。
b0088089_2326579.jpg

ものの根本。心のはたらき。意識。
静か。おごそか。休息する。
あがる。のぼる。よくなる。
しみこむように。浅はかでない。おくふかい。
進み出る。次第にすすむ。
胎内に宿す。
引き伸ばす。のびる。
からだ。みごもる。
たより。手紙。
ほんとうのところ。生まれたまま。
不思議な力をもつもの。存在。
縁つづき。したしむ。
しらべる。みる。
心がいたみうずく。
とき。天体。
ゆれ動く。ふるえる。

浮かんだ「シン」 という言葉の意味。
ぐるぐると考えてみました、この16日間。
(決して暇だからでは、ないのですよ。)

私への、何らかのメッセージ。
2010年の、何かにヒントになりそうです。

全ては、自らの内なるところにある。
そう信じて、そう思って、今年も日々を過ごしていきたいです。

私は小さな頃から、強くてやさしい人になりたいと本気で願っていました。
でも今年からは、よりもう一歩先へ―。

よりしなやかに、より柔らかく。

私を取り巻く、さまざまな存在や物事。
沢山もらった何かを生かせるように、いつもunique(唯一)な存在で在りたいと願います。
by black-dolphin | 2010-01-16 23:30 | ご挨拶

はぐくもう

新年あけましておめでとうございます。
b0088089_2193310.jpg

昨年は、本当にたくさんの方々に 【One Octave】 へお越し下さいました。
これも私の力ではなく、色々なご縁をいただいたお蔭です。

皆さまへ「感謝、ありがとう」の気持ちで、新年を迎えています。

早いもので、ブログを始めてもう3回目の新年を迎えることになりました。
まさか自分がここまで続けられるとは、夢にも思いませんでした。

ここ最近 ブログの更新がなかなかできず、申し訳なく思っています。
今日久しぶりに確認したところ、いつもどなたか見に来てくださっている様子。
とてもありがたい気持ちでいっぱいです。


b0088089_22301511.jpg

2008年は、「七色気質を、少しでも身につけたい」というのが目標でした。
癒される夕日に
温かい陽だまりに
潔い光に
生き生き茂る夏草に
広く深い空や海に
澄み切った冬の夜空に
瑞々しい紫陽花に
自然な七色に、いつも元気を貰えました。
色んな自然を感じて、ありがたさを感じて思ったこと。
それは、人は自然の一部なんだということです。

光のプリズムのように、澄みきった虹色気質にはまだまだ遠い道のりです。
クレヨンで描いたような素朴な虹色気質は身につけられたでしょうか。

さて、2009年。
今年は、別れの年。そして出会いの年になりそうです。
私を取り巻く環境が、またがらりと変わりそうな年。
自分が今まで挑戦できなかったことを始動する年。
切ないけれど、新たな世界に一歩のぞめそうな年になりそうです。

親しい人と、物理的なお別れをする。
おそらく大好きなあの人たちと、永遠のお別れをする。

まだ会っていない、たくさんの人たちと会える。
そして今まで以上に密な関係が生まれる。
今までに知らなかったことを深く感じ、学べる。

今年の目標は、【育もう】です。

基本的な自分は、忘れないように。
大切にしながら色んなことを育んでゆきたいと思います。

自分のいい所もよくない所も、受容したい。
自分をバラバラにせず、一致させたい。

全ては自らの内なるところにある。そう思っています。

自分には何が足りないのか、補うべきなのか。

自然、世の中のこと、本や音、教えや学び、人々、そしてウイカから
めいっぱい吸収して、
自分をもっと知って、
価値や人生を見出して、

たった一人でも、その人の意図や心情を理解できる人でありたいと思います。
変えることができるのは‘今の’自分だと信じて、日々を暮らしていきたいです。
いつもunique(唯一)な存在で在りたいと願います。

見に来ていただく皆さんへ―。
私の書く記事は、一見暗い内容が多いかもしれません。
でも毎日に決して、悲観的ではありません。
毎日が慌しく過ぎ去りますが、些細なことを幸せに感じて楽しんでいます。
それが少しでも伝われば、そう思っています。

ほんの少しの時間でも、心穏やかにできるような写真や文章を生み出したいと思います。
幸せギュウギュウの1年となりますように、願っています。
b0088089_22541149.jpg
ウイカ共々、本年もよろしくお願いいたします。
by black-dolphin | 2009-01-04 22:20 | ご挨拶

【 OCTAVE 】 ~虹色カラー~

明けましておめでとうございます。

昨年2007年の目標。

前向きに、明るく、楽しく、自然を愛し、
人や動物にやさしく、あったかくて強い自分で在りたい。
少しはテーマ達成できたでしょうか・・・。

一つ云えること。それはやはり「感謝、ありがとうの気持ち」です。
見に来てくださる皆さまが居たから、ブログを更新することができました。

さて、2008年。
今年の私は、「七色気質」でいきたいと考えています。

昨年くらいから、
友人や親から掛けられる言葉ナンバー1、それは「厄年」です。
厄年は数え年で判断するらしく、私は今年どうやら「前厄」らしいです。
母親曰く、「七色のモノを身につけると、厄除けになる。」らしいのです。

ブログでも何度か紹介していますが、
私は雨が止んだ空に浮かぶ虹や、光のプリズムがとても好きです。
今年は「好き」から一歩進んで、心にも七色の気質を身につけたいと思います。

「OCTAVE」
偶然か必然か、私が選んだブログタイトルも実は七つの音。
これも何か、私の人生の中で鍵になりそうな予感がしてきました。
b0088089_21351053.jpg

夕日のように誰かを癒し、
陽だまりのように温かく、
光のように潔く、
茂る夏草のように生き生きと、
空や海のように広く深く、
冬の夜空のように澄みきって、
紫陽花のように瑞々しく、
いつもunique(唯一)な存在で在りたいと願います。

見に来ていただく皆さんへ―。
ほんの少しの時間でも、心穏やかにできるような写真や文章を生み出したいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。
by black-dolphin | 2008-01-04 03:04 | ご挨拶

ささやかながら、1周年!

1年前の今日。この時間の私は、急に思い立ってブログを立ち上げました。
それから365日が過ぎました。
b0088089_14453687.jpg

タイトルを考えている時に、たまたま「Evanescence」 の曲が流れてきました。
エイミーのとてつもない音域の声を耳にして、
「何オクターヴあるんやろーか・・・・この人。」夜中に一人で感心していました。
そこでふっと思いついたのが 「1・オクターヴ」

「ドレミファソラシド」
エイミーの声に比べれば、私はこれくらい。
たった7つの音だけど、唯一(unique)な音を目指そう
そういう思いを込めてブログタイトルにしました。
(厳密には12音ですが・・・)
私には、写真の技術も感性も文才もない。ブログのテーマも特にない。
でも、
自分の撮った写真を、時間の流れと一緒に載せていきたい
あれこれと心に浮かぶことを、思うままに書き留めたい
そういう気持ちが自然と生まれてきました。

あれから365日が過ぎました。
私がこの1年で変わったことといえば、たった一つ。
たった一つの記事でもいい、見に来てくださったその人に何か響いてほしい。
自己完結ではなく、誰かに伝わってほしいという気持ちが持てたことです。

私が撮る空の足跡を通して、私が書く和の話を通して、
覗きにきていただく皆さん、忙しい中コメントを送ってくれる皆さん―感謝です!

b0088089_14571080.jpg
最近の検索で、「ONE OCTAVE  CHARA」という
不思議な項目がランキングされました。
「私のブログタイトルとCHARAに何の関係があるんやろーか?何かの間違いかな??」
調べてみると、CHARAがずいぶん昔に同じタイトルの写真集を出版していました。
それにも驚いたのですが、その写真集の文庫を購入してみるとビックリ!!!
タイトルをつけた経緯も、何だか似た匂いを感じたのです。

以前の記事で何度か登場していただいた「CHARA」という女性。
その尊敬する女性が私とちょうど同じ歳のころに、
「ONE OCTAVE」という写真集を世に送り出していたのです。
それを知ったのが、最近の話。CHARAは、私にまた勇気をくれました。
それを教えてくれたのは、何処かから覗きに来てくださった方が残していった検索ワード。
1周年のこの記事に間に合ったこの事件、嬉しいブログ記念となりました。

これからも私の大切な365日「uniqueな日常」を、のんびり中継していきたいです。
by black-dolphin | 2007-04-29 01:29 | ご挨拶

Zizi ~タグ追加~

シーサーを前にして満面の笑みな私とともに、伝言です。
スキンを変更したので記事の編集をしましたところ、あることに気付きました。

カテゴリ「和の話」の存在。
最初は、カテゴリから外れた雑記をストックする場所として作りました。

IDの[black-dolphin]は、ウイカの名前の由来から考えました。
そのIDのおかげで、のびのびと表現できていると感じています。

b0088089_13161610.jpgニックネームとして使っている[Zizi] は、
本来の自分の名―
自分の名前とウイカをつなげてくれる名を、と考えました。
改めて「和の話」を読んでみると、そこには
率直で素直な自分(Zizi)が言葉として残っていました。

そして返していただいた数々のコメント、とても大切な言葉です。
こういう経緯で、タグに 「 Zizi 」を 新たにつくってみました。

そしてこの記事が「 Zizi 」の16番目。一番好きな数字で何とも縁起がイイ!
自分自身のIDである 「 Zizi 」 の言葉を
雑記のなかでも、足跡をちょこっと残す形としたいと思います。
by black-dolphin | 2007-04-17 12:23 | ご挨拶

謹賀新年

昨年はたいへんお世話になりました。
今年もよろしくお願い申し上げます。
b0088089_1914667.jpg


2006年は、ブログを始めたことが大きなことでした。
日々写真をのんびり撮りながら散歩や旅にでかけること、
いろんなことを自分の内で感じたり思うこと、
目にみえるかたちで整理してみようと思い立ったのがきっかけです。

四月からの短い時間の中で、本当にいいご縁をたくさんいただくことができました。
9ヵ月前よりも自分を素直に表現する力を授かりました。
これからも読む人の心のどこかに響くような、写真や言葉を表現していけたらと思います。

とてもマイナーなブログにお越しくださる方、いつもありがとうございます。
あったかいコメントに、いつも元気をもらって励まされています。
一人ずつにお礼参りの旅にいつか出たいくらいです!単純人間なもんで。

前向きに、
明るく、
楽しく、
自然を愛し、
人や動物にやさしく、
あったかくて強い自分で在れたら、と思います。
・・・目指すは私の相棒ウイカで。

皆さまへ―心身ともにご健康を、たくさんの幸せが訪れますように
by black-dolphin | 2007-01-05 23:26 | ご挨拶