目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


花と犬

私の旅は、いつも思いつきです。
宿やショップは便利なインターネットで検索して、直感を信じて決めます。

雨女の私は、台風や雨風によく泣かされるけれど
宿やショップで泣かされたことは、おそらく今までないです。

宮古での旅で、ほっこりとさせられる事が二つありました。

海へ出かけるための裏玄関、数段の石階段の脇に咲いているブーゲンビリア。
光で透き通ってみえる花(厳密に言えば葉っぱですね^^)が見送ってくれます。
b0088089_23572297.jpg


そして帰ってくると、1階のホールで看板犬のビビが迎えてくれます。
b0088089_23582682.jpg

お世話になっているこのショップは、宮古で30年続くダイビングショップです。
現オーナー(Mさん)は、何と私より1つ年上という若さです。
先代は彼のお父さんで、ホールにはお父さんがガイドしていた頃からの古い写真が
沢山飾られています。
お父さんがお亡くなりになり、Mさんが跡を継がれたそうです。

お父さんの命日のある日、まだ小さい子犬のビビはこのショップの軒先で
迷子犬となっていたそうです。
これも何かのご縁かな、と思い家族として迎え入れたそうです。
b0088089_054362.jpg

美脚なビビはまだ子どもで、カクレンボなんかも好きです。
一番ビビの不思議なところは、犬なのに無臭なところです。
不思議な清潔感をもったワンコさんでした。
by black-dolphin | 2008-11-06 00:12 | 旅日記
<< 締めのアイスクリーム 夕焼け宮古 >>