目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


宮古島日記~ホール/チャネル/パーク!~

来てほしくはなかったけれど、海潜り最後の日。
朝の空は青いのに、海はまだまだ台風のうねりが残っています
毎度のことながら海を思うと、地球のしくみとかに思い耽ります。
天気とか 風とか 波とか 潮のながれとか

10月1日(水) 
 天気:曇り 気温:29℃ 水温:27℃ (水底:26.5℃) 北の風
 平均深度:14.7/9.8/8.2m(最大深度:28.5/19.2/10.1m) 
 透明度:10~15m

潜れるポイントはやはり限られていて、中の島中心でした。
私は能天気なので、もう潜れればどこだっていいのです。

中の島ホール
ポイント名にあるように、ホール(穴)が多くあります。
ベストな宮古のホールはこんなもんじゃないですが、十分美しかったです。
b0088089_1143158.jpg

深い海底で聴こえるのは、自分の呼吸する音だけ。
海底と同じように、深く静かな呼吸をしていると融けていきそうな感覚になります。
b0088089_11183959.jpg

青く眩しく光る瞬間。この一瞬がたまらなく大切に思えます。
b0088089_11212642.jpg

ヤマブキハゼ
砂地に佇んでました。山吹色の斑点が素敵でした。
テッポウエビと共生するハゼさんです。
b0088089_11274271.jpg


クロユリハゼ
珊瑚の近くの中層に漂っていることが多くて、今までなかなか撮れなかったハゼさん。
b0088089_1130658.jpg


ハタタテハゼ
尾っぽに向かって、白から夕日色に変化してゆくグラデーション。
とってもよくみかけるハゼさんですが、この色合いがとても好きです。
b0088089_13145936.jpg


中の島チャネル
同じポイントですが、進路を変えるとまた新たな世界が広がってます。
b0088089_12375315.jpg

今度はフォーカスして、マクロな世界へ。

オビテンスモドキ(Yg)
大人になると、全く違った姿かたちになるのが魚たちの魅力のひとつ。
この幼魚は、上下に揺れるように泳ぐ姿が特徴だと思います。
まるでワルツを踊っているような感じでした。可愛かったなぁ。
b0088089_11405263.jpg


クレナイニセスズメ
今回見た魚たちの中でも、ひと際美しい発色でした。
光を当てると、本当にきれいな紫色でした。
b0088089_11441484.jpg


ツユベラ(Yg)
カメラウーマン泣かせの幼魚さん、登場です。
眼が回るくらい、翻っては泳いでました。
b0088089_11494070.jpg


コブシメ
中層をゆっくりと、宇宙船のように水平移動する姿が悠々としていました。
しばらく隣でゆったりと、お隣をキープしながら悠泳させてもらいました。
b0088089_13165776.jpg


メガネスズメダイ
どうしても撮りたくなる小さな魚です。
最近ようやくカメラ目線をもらえつつあります。
b0088089_12105987.jpg


ウミグモ 
ガイドさんも魚博士のMさんも初めて見た、何だこれ?とのこと。
調べてみると、まさしく海のクモでした。
b0088089_1214250.jpg


クリスタルパーク
白砂がどこまでも続く、優雅なポイントでした。
快晴の日に潜ったのなら、きっと透き通った海の世界だったことでしょう。
波紋をみながらの散策です。
b0088089_13224334.jpg


ゴイシギンポ
警戒しながら顔をひょっこり出す姿が可愛らしいのですが、今日は大サービスです。
b0088089_13213141.jpg


フタイロカエウウオ
何気なく上を見上げると、珊瑚のてっぺんからひょっこりと覗かれてました。
口をぽかーんとあいてる姿が、何とも笑えました。
b0088089_12354245.jpg


オニダルマオコゼ
猛毒がある彼。
もっとアピールしてくれないと、危うく触れるところでした!
b0088089_12420100.jpg


ニジハタ
この質感、大きさ、渋い色合い。やはり憧れに近い感じで素敵です。
(ダイビングしない友人たちには、もちろんドン引きされますよ。)
b0088089_12562081.jpg


ダイビング人が顔を合わせると必ず会話に出るのが、
「ワイド派?マクロ派?」 
私の返答は「まだまだ修行中で、探索しているもので。ワイドもマクロも好きです。」

もうひとつが「何系が好きですか?」
私の返答は「幼魚全般とウミウシ。フグ、タイ系、あとハタが好きです。」
「えぇ!?うら若き乙女がハタ好き~?嘘だ~ぁ。」と必ず驚かれます。

「これ何ていうハタですか?」海の中でも、陸に上がっても質問攻撃の私。
「ハタ好き、ホントだったんですねぇ。。」と遠い眼をされること、しばしば。








シマタレクチベラ
黄色ベースのカラフルなお顔に、体は横縞模様。
すーっと素早く泳いでゆくので、通り過ぎる瞬間を急いで一枚。
b0088089_1810913.jpg


こういう黒白ベースの魚たちも、もちろん存在します。
こちらもまた魅力的ですよね。
アジアコショウダイ
b0088089_1272428.jpg

アミメフエダイ
b0088089_1894680.jpg


透明度があまりよくなかったのでクリアではなかったですが、珊瑚の下に
数え切れないほどの魚群がいました。

スカシテンジクダイ群
体が透明で、背骨まで見えてしまう不思議な魚です。
きらきら光ってきれいでした。
b0088089_12241047.jpg


近づいていくと、見えなかった魚群がもうひとつ。
b0088089_1227045.jpg

キンメモドキ群
b0088089_12273643.jpg


シマキンチャクフグ
ひょっとこのような口がこれまた愛らしいフグたち。
b0088089_132501.jpg


サラサゴンベ
彼もどこにでもいるのですが、どうしても撮りたくなるんです。
海の中でも「常」をみつけたいのだと思います。
b0088089_18121682.jpg


地形もたくさん撮りすぎて、どれを載せるか迷うくらい。
こんなことで悩むなんて、ホント幸せですよねぇ。
b0088089_12385032.jpg

b0088089_1240362.jpg

b0088089_12392428.jpg

by black-dolphin | 2008-10-23 13:00 | 旅日記
<< 大きな樹の下で 直子母さんの朝御飯 >>