目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


八丈島日記~ドリフトダイビング!~

この八丈島で潜ったポイントは、ほとんどが「ナズマド」というポイントでした。
ナズマドは、八丈島と離れ小島の間にあるポイントで
水路のようになっているため、季節や天候に大きく左右されます。

1年を通して100日くらいしか潜れないポイントらしいです。
雨風に左右されながらも、リーダーのナイス!判断で
希望していた本数を無事、潜れることができました。
本当に貴重なダイビングをさせてもらいました。

ナズマド
 6月1日(日) 天気:晴れ 気温:20~21℃ 水温:16℃(水底:14~16.5℃)
 平均深度:13.7/11.8/10.7m(最大深度:21.7/22.5/16.8m) 透明度:15m

最終日は波が高くなりつつありました。そのせいもあってポイントを変える
グループがちらほら・・・。
そしてエントリーすれば、潮の流れが速い!!
でも流れはビーチに向かっているため安全と判断し、最終日のダイビング開始。

往路は、潮の流れに逆らいながら泳ぎました。
ミカドウミウシ
b0088089_23235287.jpg
大きくなると30~40cmになるという、大型種らしいです。
なので、これは子どもですね。

とにかく流れが強い!
流されまい!と踏ん張っていると、ついつい目線も下に向いてしまいがち。
ガイドさん(リーダー)は、超がつくほど自由な人。
トントンを肩を叩かれ、「潮の流れを見よう。」と記したボードを見せました。
自分の吐く息を見上げると、その泡はすごい勢いで流れていきました。
その泡たちをしばらく眺めていました。
自然の偉大さを感じつつ、自然の楽しみを感じられました。


トサヤッコ
b0088089_2324242.jpg
潮が速いと魚たちも必死で、こちらも寄り放題!
八丈名物のトサヤッコをよ~く観察させてもらいました。

ヒオドシユビウミウシ
b0088089_2335816.jpg
このウミウシさんも必死で泳いでいました。
模様がとてもきれいで、ゴマのような瞳も見えて愛嬌がありました。

その横に、見たことのないウミウシがずっと居たのですが
八丈ではよく見かける種なのか、紹介がありません。
「これは何ていうウミウシですか?」とサインすると、ガイドさんは
いきなりワタワタと驚いた様子。
「これはまだ無名のウミウシです!珍しいんですよ!」と興奮気味。
イロウミウシの1種2
b0088089_23421751.jpg
半透明に白い細かい斑点、ふわふわしていて和菓子みたいでした。
流れが速くて、ピンボケしております。

潮に流れて帰路へ―。
「潮に流れて進むのって、とても気持ちがいいなぁ。」
それ以外、他は何にも考えない贅沢な時間でした。

エキジット直前で、大好きなフグに会えました。

キタマクラYg
b0088089_23464466.jpg
フグの幼魚は、何でこんなにかわいいのでしょうか?
一生懸命うねりに耐え、私の撮影にも耐え・・・。

  Log:
タカベ群、ハリセンボン、ホウセキキントキ群、メテグリ
ムロアジ群(上層できらきら光っていた。すごい数だった。しばらく3人で眺めてた。)
アオウミウシ、テングダイ(ひょっとこみたいな口が愛らしい)、コンガスリウミウシ
ミゾレウミウシ(触角と鰓がラメのように光って美しい)、オラウータンクラブ
ジャパニーズピグミーシーホース!(ようやく発見。小さすぎて写真は×・・・)
by black-dolphin | 2008-07-17 23:55 | 旅日記
<< 八丈ごはん 八丈島日記~自然のアーチ~ >>