目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


彼の見た風景~緑窓~

奈良で行きたかったもう一つの場所は、志賀直哉旧邸宅です。
志賀直哉氏といえば「暗夜行路」で有名な文豪です。
昔、近代文学にはまった時期がありまして・・・・
この場所に立った時、何だか不思議な気分でした。
b0088089_22165722.jpg
高畑という閑静な住宅地にあるこの建築は、昭和3年に建てられました。
昭和初期にしてはモダンな造りで、且つ生活しやすそうな間取りでした。
子どもが遊んだであろうプール跡や茶室、サロンまでありました。

窓が大きく日当たりが良くて、寒い日だったのに温かな光が差し込んできました。
彼はそんな日当たりの良い部屋を、子どもたちや奥様の部屋にしたそうです。

何といっても感動したのは、窓から見える緑です。
庭を散歩すると、四季折々の樹々や花がありました。
彼は季節ごとに咲き実る姿を愛でながら、あの名作を生んだのでしょう。
by black-dolphin | 2008-03-15 22:39 | 旅日記
<< 向かう先 和定食~牛蒡と鰯の醤油煮~ >>