目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


柏島1日目~お魚パラダイス~

後浜No.3 
 9月29日(土) 天気:晴れ 気温:27℃ 
 水温:27℃(水底:24.5℃) 平均深度:15m (最大深度:27m) 透明度:10m

器材・ウェットスーツを新調して挑んだ1本目の試しダイビング。
新しい器材たちはいつもより浮力がつくだろうと考えて、ウェイト重めでDV。
始めから重くて、浮力コントロールに気持ちがいってしまう場面が多々ありました。

フタイロハナダイ
b0088089_1985387.jpg
今回は、水中の青バランスを抜いた撮影を何回かトライしました。
このフタイロもその賜物です!青が抜けて、生物たちの本来の色が残せました。

Log :
ハナヒゲウツボ(青:成魚)、ハタタテハゼ、カモハラギンポ、トラウツボ、
ヤノダテハゼ(尾が黄色い)、ヒレナガネジリンボウ、メジナの群れ(グレ)、
キンギョハナダイ(オレンジ)、マツカサウオ(岩の下にいた)

勤崎
 9月29日(土) 天気:晴れのち曇り 気温:27℃ 
 水温:27℃(水底:23.7度) 平均深度:14.1m (最大深度:35.8m) 透明度:10m

アケボノハゼ・・・
b0088089_19461310.jpg
見てください、この見事なまでに美しい後姿~!
ご機嫌ナナメなのか、常にそっぽを向かれてしまいました・・・。
横から見ると、そりゃあもう美しいフォルムと色合いなんですよ。
修行が足りんということで、次回まで保留!

  Log :
スジクロユリハゼYg、ハナヒゲウツボ(黒:Yg)、アジアコショウダイYg、オキゴンベ、
カシワハナダイ、ルリホシスズメダイYg、メガネスズメダイYg、
ニジハギ(スズメダイの近くにいた)、 ツユベラYg、
アオブダイ(2匹が追いかけっこしていて迫力があった!)

Yg:幼魚系は素早い動きのため、殆どカメラに収められず・・・。
フィルムや一眼ではない私のカメラでは、シャッター速度が追いつきません・・・。

後浜No.1
 9月29日(土) 天気:曇り 気温:27℃ 
 水温:27℃(水底:26.8度) 平均深度:12.4m (最大深度:18.6m) 透明度:7~8m

この3本中で、最も生物が多くいました。
常に浅くもなく深くもない深度、よりの~んびりDVできました。

ニシキフウライウオ
b0088089_193222.jpg

ゆらゆら漂うように、佇む彼ら。こう見えて、れっきとした魚です。
そして意外に写真を撮るのが難しいんですが、光が演出してくれました。

オオモンカエルアンコウ
b0088089_194857.jpg

最初、ガイドさんが教えてくれたのに、何処にいるのか判りませんでした。
見事な保護色、至近距離で見つめても一切動じない姿。そしてめちゃ大きい!

イソギンチャクエビ
b0088089_19393654.jpg
透明でとってもきれいなエビです。
エビ・カニ系にもたくさん会えました。彼らもYgと同じく、撮るのが難しい・・・。

キリンミノ
b0088089_1942827.jpg
比較的よく見かける魚なんですが、ヒレがきれいでついついカメラを向けてしまいます。

  Log :
ハタタテハゼ、アジアコショウダイYg、コロダイYg、コガラシエビ、
クモガニ、ガンガゼエビ、イソギンチャクモエビ(白・オレンジ)、コマチコシオリエビ(縦縞)
by black-dolphin | 2007-10-08 19:55 | 旅日記
<< 柏島ごはん ぶらり、柏島リターン >>