目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


秋のハートと1本の稲穂

後輩が、田舎のおばあちゃんのところへ行ってきたそうです。
「休憩室のテレビの横に置いてるんで、もらって帰って下さい。」と、紙袋をくれました。

最近よく梨を食べる。という私の些細な日常を憶えてくれていて、
紙袋の中にはひとつひとつ丁寧に包まれた梨が3つ。

それだけでも十分嬉しいのに、もう一つ柔らかい紙に包まれたモノが。
包みを開くと、きれいな秋色をした“ほおずき”と、瑞々しい1本の稲穂が在りました。

b0088089_17575785.jpg
手紙には、こう書かれていました。
おばあちゃんちのお米がとてもよく育ったそうです。
稲穂はとってもたくましい。
この一文から、彼女の思いとか願いとか祈りとかが伝わってきました。





千の穂に囲まれて、瑞々しい穂をみつめて、
あの子は一人でいっぱいいっぱい思ったんだろうなぁ。

また自分の名前が好きになりました。あの子と同じ、「穂」を持つ名前で良かった。
彼女とつながりをくれた、いろんなことに感謝しなくちゃ。

そしてこれからも一緒に、頑張って歩いていこう。
by black-dolphin | 2007-09-14 18:19 | 花と樹
<< プリズム 波打つ花 >>