目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


小笠原日記~キャベツ畑からこんにちは~

作成途中の記事がたくさんあります・・・・。書いた日に後付で貼り付けていきます。

―小笠原初日―
去年の苦い思い出を噛みしめながら、26時間船に揺られて念願の地へ!
b0088089_15282152.jpg

港では大勢の人々が迎えてくれ、太陽の光も1.5倍に感じました。
日焼けした皆さんの笑顔を見た瞬間、
「今回は絶対にイイ旅になるはず!」と何だか確信してしまいました。

ホテルに荷物を置き、その足で海へ直行しました。
島の人は「例年より空がガスってる!頑張れ太平洋高気圧!」とのこと。
でも去年ひたすら暗い海を見た私にとって、ホントに一緒の海なのだろーか?というくらい
港からすでに美しい紺色の海でした。

瀧の浦 
 6月29日(金) 天気:やや晴 気温:28℃ 水温:25℃(水底22.3℃)
 最大深度:19.6m (平均深度:14.7m) 透明度:20m

まずは自分のウェイトやコンディション等をはかる、試しダイビングです。
普段潜る海とはやっぱり違う感じがします。
高低差がすごくあり、外海~!を実感。

リュウモンサンゴ
b0088089_16162265.jpg
図鑑で見て想像していたのとはスケールが違いました。
見渡す限り、まるでキャベツ畑のように広がる景色に圧巻でした。
その中に生物がたくさん隠れていました。

ユウゼン
b0088089_16511646.jpg

名前が素敵な日本固有のチョウチョウウオです。
小笠原と八丈島周辺以外ではあまり見られないそうで、
日本でも世界的に見ても貴重なチョウチョウウオだそうです。
しかしこのポイントには、わんさかいらっしゃいました。
カラフルな魚たちの中で黒系のウロコが妙に目立っていましたね。
ユウゼンという名前の由来は、体の模様が着物の友禅染めに似ているからだそうです。

水底には沈船が佇んでいました。
b0088089_16492092.jpg
ここにも色々な生物がいました。
太平洋戦争から60年、船は第二の人生を送っているように見えました。

  Log :
ワカウツボ、キイボキヌハダウミウシ(白肌にオレンジ模様、まさに絹肌!)、
アカホシカクレエビ、アカイセエビ(デカイ!岩陰にいた)、
コンガスリウミウシ(細い青線が縦に数本走っている)、
キイロイボウミウシ(黄地に大きいイボ、イボ周りは黒紺っぽく縁どり)

※ 趣味が偏ってますゆえ(ウミウシ好き)、ご了承を。
by black-dolphin | 2007-07-06 12:12 | 旅日記
<< 小笠原日記~オガマジック~ 小笠原日記 >>