目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


沖縄2日目~慶良間諸島/座間味

2本目は、―UNDERWATER PHOTOGRAPHY―です。
水中写真は少し前から始めていたのですが、
最近光や色について興味がありいろんな文献を読んでいて、
水の中の世界ではどうなのか考えてみたくなりました。
なので、これを選択しました。

トウマNo.
 5月30日(水) 天気:快晴 気温:27℃ 水温:24.5℃
 最大深度:10.4m (平均深度:7.4m) 透明度:18m

水というのは光と色を吸収するため、陸上よりは暗く、色彩が乏しい世界を造ります。
このダイブを通して、光や色のロスを克服する方法を実感として体験できました。
普段カメラでストロボを使うことがあまりないのですが、
光の量を加えるとどう写るのかなど実験のように撮ってみました。

ガーデンイール
b0088089_2102635.jpg
砂地遠くでニョロニョロ顔を出している生物発見です。
海の流れに揺られる姿がなんとも楽しいです。
風になびく花園のように見えるトコロから、
“ガーデンイール(庭のウナギ)”と呼ばれています。
b0088089_218698.jpg
水玉模様がまたまた愛らしいです。
警戒心が強くすぐ巣穴へ引っ込んでしまうので、慎重に接写しました。
ちなみに和名は“チンアナゴ”。 顔が犬のチンに似ているからだそうです。

オトヒメエビ
b0088089_20465513.jpg
名の通り、美しい紅白縞模様の立派なハサミをもつエビです。
ゆらゆらと動く白いヒゲも、なかなかの愛嬌があります。
今回は、魅力的なハサミにフォーカス。

カクレクマノミ
b0088089_21162468.jpg
ご存知、ニモさんです。こう見えて、スズメダイの仲間なんです。
ピントは外れてしまっていますが、こんなに表情を撮れたのは初めてです!

生物の授業で「共生」の代表生物として紹介されていましたねー。
クマノミの中でも特に臆病で、すぐにイソギンチャクに隠れます。
だから隠れクマノミと名付けられたのでしょうね。

基本が学べたので、次回からは被写界深度や適正露出のことを陸上並みに
考えられるといいのですが・・・・。日々精進です!!
by black-dolphin | 2007-06-09 21:29 | 旅日記
<< 沖縄2日目~慶良間諸島/渡嘉敷 至近距離 >>