目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


沖縄1日目~アドバンス取得への道! 奥武島1本目/2本目

まだまだ未熟なダイバーな私―。
先にも示したとおり、今回はスキル向上のため!
俗にいう、「アドバンス」の取得です。
ダイビングがより楽しくなるように、という願いをこっそり込めて
今回の旅は本当に勢いで申し込んだのでした。
沖縄がまさに梅雨に入るなどという事は、すっっかり忘れてしまっていた私・・・・。
到着した懐かしい‘モワン’とした湿気と共に見えたのは、
今にも降りだしそうな沖縄の空でした。

自他共に認める人見知りな私―。
空港で待つイントラさんに思い切って(笑)声をかけ、ポイントへ直行です!
太陽のように明るいイントラMさんが南の方のポイントへ向かう道中、
気さくに話しかけてくれて私は助かりました。
 ( 沈黙さえも何だか心地よく感じてしまい、
  「話しかける」という思いやりも忘れてしまうという
   驚くべきマイペース人間なもので・・・・ )

Mさん(沖縄弁&大阪弁所々に○○弁のミックス)と私(大阪弁&京都弁ミックス)は、
色んな話題で共通項があり、あっという間に到着。
今振り返って思うことは、
その道中が私の沖縄2泊3日の旅における大切なきっかけだったようです。
コレも縁なんだなぁぁ、と改めて人との縁を実感しました。




どんより曇り空の中、1本目です。
奥武島 
 5月29日(火) 天気: 曇り限りなく雨降り前 気温:28℃ 水温:24.4℃ 
 最大深度:8.4m(平均深度:5.6m) 透明度:Mさん曰く、未だかつてない濁り(3m)

1本目は、PEAK PERFORMANCE BUOYANCY―中性浮力―です。
いわゆる、浮力コントロールです。
中性浮力ときくと、私はダイビングの師匠を思い出します。
私がダイビングの世界に一歩踏み出した時
それは体験ダイビングではなく
自分の力で潜りたいとライセンス取得を目指した時

その時教えてくれたイントラさんは、
みんな優しく笑顔で教えてくれる中では珍しく
何とも手厳しい男性でした。
けれどよく私のダイビングを観察してくれ、
水中でも陸上でも真剣に教えてくれました。

休憩中にイントラさんが「あそこに俺の師匠がおる。」と
少し照れながら指差す先の人は、
海の男~!な感が漂うおじさんでした。

その後再び講習のため潜った海の中で、
私はイントラさんのダイブ姿を観察していました。
「あ~この人が、私のダイビングの師匠なんやな~。」
海の中層で胡坐をかいてぼんやり浮いていた師匠の姿が
今でも眼に焼きついています。

さてさて、物思いに耽っていてはいけませんでした!1本目です。
まずは流線型をとって、泳ぐ練習をしながら浮力の感覚をつかんでいきます。
海の中でも呼吸はホントに大事。これで微調整ができるんです。
その感覚が解かってくると、ホントに楽しくなってきます!

あと私はフィンの扱いがホント下手でして、それを素直に申し出ました。
Mさんはホントに私をよく観ていて、分析して教えてくれました。
そのおかげあり、「実はめっちゃキック力あるんちゃう?」と笑われるくらい
フィンキックがメキメキ(?)上達したようです。
教えてくれたポイントは、これからきっと海に潜るたびに思い出すことでしょう。

ダイビングも最終になり、Mさんが「体育座りして」 「次はシェ~のポーズ」など
ホバリング状態を証明するようテストされます。
後ほど聞いたのですが、「体育座りがおにぎりみたいやった。」そうです・・・・。
~関節ほぐさねば!

1本目のエキジットでは雨が降り出していました。
2本目前の陸上演習では、雨は本降り、雷がゴロゴロと唸りをあげていました。

奥島2本目
 5月29日(火) 天気: 雨時々雷付き 気温:26℃ 水温:24.4℃ 
 最大深度:7.4m(平均深度:5.3m) 透明度:3m 

2本目はUNDERWATER NAVIGATION―ナビゲーション―です。
これが私にとって今回の「鍵」でした。
方向なんて感覚で生きてる私にとって、苦手意識な項目です。
自分の居る位置と目的地を方角(角度)/そして正しく帰ってこなければなりません。
Mさんが上でしっかり見ていてくれているのに、そんなことも忘れて
「この視界不良の海でたった独り・・・・どうしよう。」と不安な気持ちにもなりました。
そんなこんなもあり、初めはコンパスの扱いがうまくいかず
しかも水中で方角とかを考えなければならず、静止していたようです。
ところがどっこい!最後には悔しい気持ちでエキジットしました。
正解があと1歩だったことで、水面に上がった途端「悔しい~!」と叫んでました。
Mさんに「悔しい、は珍しい。」と、またまた笑われるハメに・・・・。

自然にある物(ナチュラル)やコンパスを使って、
自分の位置を知ることの大切さや楽しさを感じることができました。
最後にMさん、ホントにお世話になりました。
ダイビングをする自分の「成長」を初めて感じることができました。Mさんのおかげです。
by black-dolphin | 2007-06-02 23:17 | 旅日記
<< 沖縄2日目~慶良間諸島/渡嘉敷 修行の旅 >>