目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



フォロー中のブログ
タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


アナタの使命は何ですか?

金曜日に「日本沈没」を見に行きました。
それもご近所で仲良くさせていただいている、老夫婦(愛称:じぃじとおばぁ)に
誘われたからです。
私が生まれる以前の大ベストセラー/大ヒット映画だそうです。
ちょうど映画6本観て、今回は無料だし。
パニック映画に少し人情系をプラスしたような映画かなぁ、なんて軽い気持ちで
映画館に向かいました。

ひとり言は以下に・・・。



上映前におばぁは、こう口にしていました。
「みんなが居なくなるんやったら、私も一緒に沈むわ。」
その言葉を聞いて、「もし今こんな国難が目前に迫った時、私はどう感じ、どう考え、
どういう方向に動くのかな・・・。」そんなことをふと思いながら映画が始まりました。
~初めのシーンから自分でも驚くくらい鳥肌の連続・・・・。
今思い起こすと、無意識の中で何かを肌で感じていたのでしょうか。
仮想の世界であることは解っているのに、スクリーンに映し出される崩れ往く自然や
人々の姿に鳥肌が醒めず、一人一人の言葉が何だかメッセージに思えました。

この映画を観る前に、映画につながる二つのエピソードがありました。

一つめは、7月中旬に参加した研修内にて。
講師の先生に「あなたの使命はなんですか?」と質問されました。
私は仕事の研修だったので、仕事の上での自分の役割を答えました。
講師は続いて、「では仕事上ではなく、あなた自身の使命は何ですか?」と問われます。
研修生が90人もいる中で、誰もそれを答える人はいませんでした。
3日間の研修を通して、
「自分にとっての使命って何だろう?」という意識が芽生えました。

二つめは、蝉が外で啼きだしたある日のこと。
友だちと蝉について語るうちに、いつしか蝉の一生についての話題になっていきました。
「人間に例えるならば、365日間ずっと土の中にいて、
最期の1日だけ外へ出てこられる計算・・・・何だか切ないなぁ・・・」と友人。
研修の余韻がある中だったせいか、「私だったら何をするだろう?」
といつになく真剣に思いをめぐらせました。

このエピソードの直後にこの映画だったもので、他人事には思えなくなりました。
「私に与えられ、私がしなければならない、つとめ」
こう文字にするとエラくかっこつけたように感じますが・・・・。
この機会に自分の中でまた一つ、それもいくつかの大切な枝をつけた幹のように、
何か大事なモノが生まれた気がしました。
 
今度はきちんとお金を払って、もう一度観にいきたい映画です。
by black-dolphin | 2006-07-23 02:26 | 和の話
<< HERO 雨上がり >>