目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


カテゴリ追加 <映画>

映画「嫌われ松子の一生」を観ました。

ミーハーな私は、ベストセラーだった原作を2年前くらいに読んでいました。
その後に文庫化された時、中谷美紀さん(私の好きな女優さん)が表紙を飾っており、
「私は松子を演じるために女優を続けてきたのかもしれない」とコメントされていたのです。

原作を知っていた私は、「おお~そうきましたか、中谷さん・・。」
彼女が有言実行するような予感がしました。(前歴があるので・・)

そうこうしている内に、映画化決定。
しかもあの 中島哲也監督!
意外でしたが、中島哲也監督の作品は自分の中に響くものがあったので、
必ず映画館に足を運ぶことを決めました。

どの映画であれ評論するつもりは決してないですし、そんな知識はありません。
なのでカテゴリにも入れていませんでした。

しかしですね・・
この作品を観て、「映画」は私の思考に刺激を与えてくれるものなんだなぁ、と再確認。
「本を読む」「音」に続き、カテゴリに追加しました。

あくまでも<所感>です。映画作品の参考になりませんのであしからず。
情報量が莫大な作品なので、整理次第<映画>にUPしたいと思います。
by black-dolphin | 2006-06-10 02:25 | 和の話
<< 嫌われ松子の一生 帰り道 >>