目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


生きていることって、糸のようだと感じた。

先日、四十九日で久しぶりに般若心経を耳にした。
昔からお世話になっている僧侶さまで、私は眼を閉じて傾けた。

叔父を思い出そうとか、感傷に浸ろうとか気持ちはなく
眼前の世界から、ただ自分が離れたかった。

般若心経は、昔からとても耳慣れていた。
それを唱える声も、意味も、知ったものだった。

眼を閉じた世界で、心経だけが降ってくる。
それは宇宙のような世界で、ぽつんと居る感覚になる。

意味なんてそこには無いはずなのに、数珠を握った手にぽろぽろ落ちた。


叔父がこの世から、突然居なくなった。
b0088089_0271144.jpg
私には、それだけで十分な衝撃だ。
でもそれだけでは済ませてくれない処からして、彼の死は重い。

叔父の最期は、私がいつも看取ってきた“いのち”とは違っていた。

糸が突然、他の力でぷつんと切られた。
無意識で手繰り寄せたものか、はたまた他人の懸命な努力なのか
彼は、“生命”を 辛うじてつなぎとめた。

機械の力で、呼吸だけしている時期があった。
彼は今、この世にいるのかあの世にいるのか、私は頭を抱えた。
知識と感情が交錯しまくった。
眼の前にいる彼に声を掛けることに、考えた。
予想するリミットで、彼の呼吸は停止し心拍動も止まった。
死因が不明だと、解剖に連れて行かれた。
そこは、以前学生の時に見学に行った解剖室だった。
帰ってきた彼の体中に、想像通りの傷跡が残った。
葬式で最期の言葉をと云われ、何にも声が出なかった。
誰かが頭を撫でると、ずるりと皮が動いた。
骨になった姿の方が、逆に胸が苦しくなった。

いのちを絶たれること
救命
脳死
生命維持
呼吸すること
心拍があること
意識


解剖
傷跡
家族、遺族
父の涙
もう二度と話せないこと
生きること
生きているということ

スーパーナチュラルなことだと思いたい。
これが、彼の人生だったんだと、心の底から納得したい。

でもそれは許されず、何かによって引き起こされた事態だ。

生物的なことが
叔父自身が
誰かが
時が

本当の事って何なのだろう。
知りたい衝動に駆られるけれど、それは空に消えてゆく。

感情や、会話や、思いや、時は、眼に見えないこと。
人の命は、そんな儚いつながりで、よこ糸のようにつながってゆく。

彼の死を通して、それをありありと見せつけられた。

彼の優しさ、思いやり、正義感、まっすぐなトコ。
それが死につながった。

彼の死を通して、彼の生きてきた証が見えた。

爺ちゃん婆ちゃん水子さまのお墓が、ピカピカだった。
誰も見ていないところで、きっと彼が通っていた。

独身男の部屋は、想像とはかけ離れて整頓されていた。
あぁそうだ、彼はきれい好きだった。

生きていた跡、全てが尊かった。

彼との会話や思い出は、山ほどある。
でもそれは私にとってのよこ糸で、不思議と涙は出ない。

b0088089_0361542.jpg
彼が通った道
生活した部屋
囲まれた山々
見上げた空

眼に見える全てが、尊く感じた。

その時
今まで解らなかった本当のことを、彼に教えられた気がした。

それは、たて糸のようだった。
私の身体のたて糸になった。

僧侶の心経が、彼からの教えにつながった。
見えない糸が、紡がれた気がした。
無意識の中で生まれた何かのせいで、ぽろぽろ溢れてきた。

はかりなき命に、胸がぎゅうぎゅう啼いている。
by black-dolphin | 2012-10-04 00:45 | 和の話
<< 雫 疾走 >>