目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


命日

初花が空へと還っていった日から、もう早一年。まだ一年。
b0088089_0332664.jpg
ちょうど一年前の私は―。
ようやくお家に帰って、独りになった頃かな。
辛うじて笑顔で押し殺していた感情はようやく開放され、
玄関の扉を閉めた瞬間わんわん泣いたような気がします。

初花の存在を感じられなくて、でも匂いは消えてなくて、
昨日までそこに生きていたことが、とても切なく感じました。

切ない気持ちは未だあるけれど、でも確実に、私はてくてくと歩き出しています。
色んな感情を知って、色んなことを思い考えて、また私は変化してゆきます。

それは静かにひしひしと―、感じられます。


※写真は、初花を火葬させてもらった丘で咲いていた花
by black-dolphin | 2011-07-12 23:36 | 和の話
<< PALAU日記~夜明け前のダイ... 救世主 >>