目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


救世主

6年前と2年前に―。
その時に私が感じ、かけた言葉や起こした行動。
それは、ほんの小さな事柄だったと思う。

それが今日、私に返ってきた。
b0088089_21444346.jpg
感動し、心を貰った。
彼女の言葉や笑顔、強い願いや希望は、私にパワーをくれた。

「助産師冥利」に尽きることです。







勤務中、病棟外に出る用事があり帰ってきたところ。
見覚えのある女性が、ホールで誰かを待っている様子だった。
その女性は、私の顔を見るなりパッと笑顔になった。

その笑顔を見た瞬間、私を待ってくれていたのだと直感した。
「憶えてくれてるんですか?」 彼女は、とても嬉しそうに微笑んだ。

6年前、彼女はとても哀しんでいた。心痛む時間を過ごした。
ずっとそばで、手を握ることしかできなかった。

2年前、彼女は赤ん坊を抱いていた。
6年前に関わらせていただいたことは、云わないでおいた。
幸せなひと時だったけど、彼女は頑張りすぎで疲れ果てていた。
彼女の背中をポンポンとさすり、「今まで、お疲れさまです。」と声をかけた。

私には、詳細な記憶はなかった。
彼女が、私の言動を鮮明に記憶し、ひとつ一つ教えてくれた。

彼女は、4回命が授かった。今、2歳になったお子さんが居る。
今日で一旦、定期的な診察が終わった。
先生からは、専門的な病院の紹介や検査治療も提案されたらしい。
その日に、わざわざ遠い病棟まで足を運んでくれた。
b0088089_22324758.jpg
彼女は私に、こう云った。
「今日診察が終わって、自分でも忘れてた記憶がどんどん蘇ってきた。」
「あの日、ずっと黙って手を握ってくれてたのは、Ziziさんじゃないですか?」
「部屋で背中をさすってくれたのもZiziさん。」
「声や話し方を思い出して、6年前に居てくれたのもZiziさんだったんだと思った。」
「きょうだいを作ってあげたい。何とか授かって、またZiziさんの居るここで産みたい。」
「Ziziさんがもしここに居なくなっても、私が会いに行きます。」

確かに自分が放った言葉や行動だけど、自分で納得できる看護ではなかった。
何気ない事柄だった。
その時に感じた、精一杯の思いだけだった。

日々落ち込むことはあるけれど、前を向いて仕事しよう。
そういう小さな自信を、彼女は運んでくれた。
by black-dolphin | 2011-06-27 22:32 | 和の話
<< 命日 さよならの言葉 >>