目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



フォロー中のブログ
タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


6月或る日

「先生、私このまま死んだりせぇへんやんな?」

忘れもしない、二年前のある日の夕方。
彼女は医師へ、そう訊ねたんだった。

病状は、すでに進行していた。
でも先生は、彼女にこう告げた。

「死なないために、これから一緒に頑張るや。」

彼女の闘病が、その時から始まった。

若い身体は癌の増殖力も強く、なかなか抗がん剤は効いてはくれなかった。
でも絶対に彼女は諦めず、使える薬がなくなるまで闘い続けた。
b0088089_2125817.jpg


「忙しいのに、ごめんな。いつもありがとう。」
彼女に何度、そう云われただろう。

どうしても譲らなかった屋上への散歩時間。
急変のリスクがある彼女には、とても危険な行為だった。
でも初めて一緒に昇った時、私は心の中でとても申し訳ない気分になった。

吹き抜ける風は、こんなにも心地がいいんだ。

「〇さんがここに来たい理由が、私やっと解かった気がするよ・・・。」
そう告げると、穏やかで優しい顔をして彼女は頷いた。
b0088089_21264351.jpg


余命という言葉は好きじゃない。
けれど彼女に残された時間は、もう日にち単位だった。

昨日の夜明け前。
私は彼女と二人っきりで、60分の間一緒に過ごした。

「痛い。お腹が痛い。胸が痛い。ここさすって欲しい・・・。」
「怖い。夜が来るのが怖い。寝るのも怖い。」
「しんどい。全部しんどい。どうしたらいいん・・・。」
「苦しい。お腹が苦しい。息が苦しい・・・・。」

「一人になるのが怖い。ごめんな、忙しいのに。」
「空気吸いたい、空気が吸いたい・・・・。」
「さすってもらうと、ホンマに安心する。」
「ありがとう、ありがとう。」
彼女は何度もそう呟いた。
私の白衣をぎゅっと握り締めながら、すうっと短い眠りに落ちてゆく。

呼吸は規則的で、でも喉の奥でかすかに汽笛が鳴っていた。
意識が戻ると、よく見ればかすかに鼻翼呼吸が始まっていた。

5:21
TVのデジタル時計が一分づつ時を刻むのを、私はぼんやり眺めた。
大きく膨らんで硬くなったお腹を、何を願ったのか私はさすり続けた。

私のその手の動きは、強い陣痛を癒す手の動きと同じだった。

彼女の眠る姿を見て、何だか急に泣けてきた。

死に近づいている彼女を見て悲しくなった訳じゃない。
今日もこんなにも生きてるんだと実感した。

いつの間にか夜は過ぎ去って、窓の外からチュンチュンと啼く小鳥の声がした。



いつもより遅めの仕事を終えて、強い日差しを浴びながら帰路に着く。

家のベッド上で、ぼんやりと緩和ケアの本を開いた。
誰もが1回だけ経験する死

この数年で彼女と交わした会話の一つ一つが、驚くほど急速に甦ってきた。
ただ本を開いているだけなのに、何かがまた胸を締め付けた。

その頃彼女は、どんどん深い眠りになっていったそうだ。

私が日勤で来た翌日の朝。
病棟は何となく静けさが漂っていた。

誰も何も言わないけれど、私はそれに気が付いてしまった。
いつも在るべきベッドネームが無くなっていて、そこにもう彼女は居なかった。
b0088089_21301640.jpg

彼女と過ごしたその日は、奇しくも友だちが逝ってしまったその日と同じ朝だった。
彼女が息を引き取ったその日は、奇しくも初花が生まれたその日と同じ夜だった。

座りながら、短い休息をとる揺れる身体。
誰かの存在を探す仕草。
風の通る場所で一服する細い指先。
最期まで立って、歩こうとする姿。
私に投げかけ、時には語ってくれた言葉。
いつも顔を見ると「〇〇ちゃん。」と手を振ってくれた、あの表情。

また、一生忘れらない日が生まれてしまった。

忘れたくない。
あの時々に感じた、誰にも云えない大切な時間。
by black-dolphin | 2009-06-15 22:02 | 和の話
<< 同じ夜 魔法のガム >>