目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


小さな 心

ウイカと散歩をしていると、普段ではあり得ない出会いをプレゼントされます。
遠くから子どもたちが、「かわいーー」と歓声を上げています。
ウイカのその小ささや歩く姿を見て、眼をキラキラさせています。
b0088089_20331351.jpg
少しずつ私も子どもたちも距離を縮めて、私はしゃがみ込んで話します。

子どもたちは、 「何ていう名前ですか?」と聞きます。
「ウイカっていうの。」
「ウイカー。可愛いー。」

ウイカは臆病なので、人が触れようとするといつも “ガルルルー・・・・”と威嚇します。
大人ならば、気が強い犬やねーとか怖いねーとか感想が出て、やがて距離を置きます。
私もウイカが誰かを傷付けるのは嫌なので、いつも距離をおくようにします。

子どもたちも、ゆっくり手を差し伸べようとします。
その時私は、いつもの癖で 「ウイカは怖がりやから、噛むかも知れんよー。」 と云います。
すると子どもたちは、
「そっかー、怖いんかー。」 と手を引っ込め、ウイカをただみつめます。
ウイカは威嚇もせず、子どもたちをじっとみつめていました。

b0088089_20534023.jpg
子どもって、何に対しても決めこまない。
在るがままを受け止めて、それをじっとみつめる。
心を開いて、相手を知ろうとする。
素直な心がある。

手をつなぎ合って笑う彼女たちを見て、やっぱり私は子どもが好きなんだなぁと
再確認できました。
そんな出会いをひき合わせてくれた、ウイカにも感謝です。
by black-dolphin | 2009-04-22 20:53 | 花と樹
<< 与那国タイム 「馬」 桜 と 初花 >>