目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


与那国島日記~ほの暗い海底の神秘~

1月10日(土) 
 天気:曇り 気温:14℃ 水温:23℃ 北の風
 平均深度:15.8/9.1m(最大深度:25.1/16.1m) 透明度:25~30m

Wアーチ
あいにく太陽の光は少なく明るい海の中ではありませんでしたが、潜降→移動を始めて
遠くの方でナポレオンフィッシュが悠々と泳ぐ姿を見ました。
私はその時、ようやく与那国の海の青さと透明度を実感しました。

「城門」という、人が一人ようやく通り抜けられる狭い水路をくぐり抜けると、
目の前に海面にまで抜けるような二枚岩が立っていました。
b0088089_13205780.jpg

雷でたて真っ二つに割れたような姿だなぁと思いました。
水面で青が一際鮮明となって、たくさんの魚影が見えました。

あれが遺跡の始まりなんだなぁと、今でも感慨深くなります。

遺跡ポイント
エントリーが17時前と遅く、太陽の光が殆どない状態で潜りました。
周りを見渡せるような光の中で、いつかまた潜れたらと思います。

メインテラスと云われる場所。
大きな階段のようになっていて、自分が小人になったような気分でした。
b0088089_13444432.jpg


ここは、水路と呼ばれる場所です。
学生の頃に読んで、いつかこの場所に佇みたいと思っていた場所。
想像していたよりも、細い路だなぁと感じました。
b0088089_13274654.jpg
Mayolが腕を伸ばして、悠々とイルカのように泳いでいた姿が浮かびました。
もっと時間があれば、同じ道を辿ってみたかったな。

古代建築跡のような柱岩、下にすとーんと落ちた穴下の拝所。
全貌を見渡すと、亀のようなモニュメント。
b0088089_1342168.jpg

自然の力がそうさせたのか、古代の人々の手によって造られたのか―。
私は深く考えずに、事実として今そこに在る遺跡の数々を眺めました。
by black-dolphin | 2009-03-23 13:29 | 旅日記
<< 与那国島日記~青一色のハンマー... 風の島 >>