目指すのは「unique」な音。 大切なのは、日常。                                               
by black-dolphin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ご挨拶
ウイカ帳
和の話
本を読む

映画
ごはん
花と樹
空跡
光と影
旅日記



タグ
(107)
(97)
(87)
(72)
(41)
(38)
(32)
(26)
(24)
(22)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
検索
以前の記事
2014年 05月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ライフログ
その他のジャンル
記事ランキング


風の島

知り合いのガイドさんがツアーを組むという噂を聞いて、今年の海は
与那国から始めようと決めました。

一月初旬。
仕事終わりに猛ダッシュで帰宅し、その足で30㌔オーバーの機材を転がして
関空発の最終便に飛び乗りました。

那覇で仮眠のような前泊をし、翌日の朝一に空港へ―!
那覇―与那国ではよくあるらしい、条件付きの搭乗。
この日は大阪では初雪が観測されるような、お手本のような冬の気圧図でした。
元々大陸から100㌔ちょっとしか離れていない、風が吹く与那国島。

空港でしばらく「待て」の状態をして、出発しました。
プロペラ機は、与那国上空を何度かぐるぐると迂回して無事到着。

曇天の空、国境の島に着きました。
b0088089_16245154.jpg

風と、厳しい海と、土と、岩と、深緑と、時々愉快な仲間たちの旅でした。

大物目当てでやって来る人々が大半で、まったりする人なんて皆無のダイビング。
予想外でしたー。。。
ちょっとでものんびりしていると、あっという間に置いてけぼりになるので
海の中ではゆっくりとカメラを向けることができませんでした。
b0088089_16353881.jpg

東シナ海に佇む、「渡難の島」。

北風ビュービューで寒さも厳しく、体調も崩してしまいました。
リズムを自分のものにできないまま、あっという間に終わってしまった感のある旅でした。
振り返ると、風や海の厳しさ、生きるリズムの大切さなども教えられた旅。

いつにも増してピンボケ写真ですが、与那国島日記始めたいと思います。
by black-dolphin | 2009-03-19 16:38 | 旅日記
<< 与那国島日記~ほの暗い海底の神秘~ 福娘 >>